雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

練習方法2

ここでは、戦略第2段階の練習方法を記していきます。まず第2段階の得点法をまとめてみましょう。

・ラリーのミスでのポイントを計算に入れない

・ドロップショットからのロブとパス

・たまに速いサーブを打って得点

こんな感じでしたね。ドロップショットからの展開を身に付けていきます。では、練習法を見ていきましょう。
練習法①・ドロップショット壁打ち
壁から跳ね返ってくるボールをライジングで捕らえて返球します。返球したボールは、壁の手前にバックスピンをかけてコントロールし、壁に当たらないようにします。距離は近距離で行います。

POINT
フォアもバックもライジングで捕らえる感覚とバックスピンをかける感覚を養います。

・グリップは薄く握る

・ヘッドを立てて少し上向きの面で捕らえる

・面の上をボールが上に転がっていく感じ

・足の運び方を身につける


練習法②・パッシングショット
1対1のラリーにおいて、アプローチされたボールをパッシングで返します。パスを打つ場所をコートの左、真ん中、右と場合に負けて練習後、フリーの状態で行います。

POINT
・回転をかけて足元に沈める感覚を養う

・左右に振られた状態からうまく切り返すことが出来るかどうか

クロスに沈むパスを身に付ける(通りやすい)

パスは上下で抜く


練習法③・ドロップからの展開

1対1のラリー。1往復した後にドロップを打ち、そこからの展開。パスやロブを駆使してポイントを取る感覚を養います。ドロップが落ちる場所を場合に分けて練習していき、その後フリーでラリー。

POINT

・速い展開のラリーでドロップを打てるか

・パスとロブの選択

・相手のフォームによるコースの予測

・一番点の取りやすいパターンの分析


練習法④・ボレーストローク

ボレーストロークを1対1でコースを指定して行います。
1:ボレーを左右交互に散らし、ストロークはセンターにコントロール
2:ストロークを左右交互に散らし、ボレーはセンターにコントロール
3:ボレーをクロスに、ストロークはそのままストレートに。バタフライ。
4:3の逆。

ラリーの中でのコントロールを強化していきます。やってみると分かるかと思うのですが、ボレストは距離が近いので、クロスに振られるとボールに追いつきません。ですので、この練習では、ボールが来る前に動きましょう。このことには疑問を抱かれる方もいらっしゃるかと思いますが、これは形の練習ですのでこれでいいのです。しかし、実戦ではボールの来る方向は決まっていませんので、このことも念頭に入れておかなければいけません。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

電子認証と30代,40代の転職

電子認証とは、コンピューターネットワーク上で、本人確認を行うためのシステム全般のことをいう http://dank.photobycolin.com/

| URL | 2008年08月26日(Tue)13:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。