雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初心者のシングルス・第3段階

場合によってはここまで行かずとも試合が終わってしまいます。ここまでくるということは、よほど実力が拮抗していて、機転の利く対戦相手だと言えます。具体的には、ドロップショットからの展開を封じられることでこの第3段階までもつれ込みます。


相手の状況

ドロップショットの展開に対して対策をとってきます。その方法は2つです。1つは、ドロップショットを打たれてもしつこくステイバックする。もう一つは、ドロップショットをドロップショットで返すことです。要するに、パスかロブを打たれての失点を無くそうとするのです。初心者の段階では、前者:後者=8:2ぐらいの割合です。よって、相手のしつこいステイバックにどう対処するかがポイントです。これはなかなか難しい課題ですが、予めそうなることは分かっていますので戦略を考えていきましょう。

戦略第2段階で述べましたが、相手がミスを警戒してずっとステイバックしている状況では、ポイントを奪うのが非常に難しいです。この段階では2つの方法を用いてポイントを奪っていきます。

1.連続ドロップ
→相手がステイバックしようとするのをまた前に出します。ドロップを連続で打つのは普段ならば危険なことですが、相手が後ろに下がろうとするときに打つドロップは大変有効です

2.相手のバックにボールを入れて前へ
→ネットプレイを取り入れた唯一の戦略です。この段階に来る頃には相手のボールは相当弱っており、ポイントを決めるのには高度な技術は必要としません。バックに入れてフォアに叩き付けると決めていきましょう。また、これはプレッシャーをかけて、その後のラリーを有利に進める役割もあります。


ドロップをドロップで返された場合

初心者の試合では少ないです。なぜなら、浅く丁寧に返すには絶妙な面のタッチが必要だからです。これをやってくる相手は初心者ではなくかなりうまいと言えます。対策としてはどんなボールにでもダッシュして喰らい付き、相手に「もっと浅く返さないととられてしまう」と思わせることです。この作戦でミスを誘発させましょう。


第3段階・まとめ

・連続ドロップ

・バックにアプローチ

・ボールに喰らい付く

以上のようになります。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。