雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初心者のシングルス・第2段階

さて、勢いのある前半を凌ぎきりましたね。ここまで来ればかなり勝利に近づきます。

相手の状況

前半で必死に拾った結果、相手はミスを多発し多くのポイントを失っていることでしょう。そしてそのことが相手に、もう少しスピードを落として打たないとミスをして負けてしまうと気づかせます。こうなるとラリーのスピードは落ち、前半よりも組みやすくなりますが、相手のミスは格段に減る為、ミス待ち作戦だけではうまくいきません


対策

ラリーの中でのストロークミスへの期待を捨てましょう。ここからは、ドロップショットで相手を前に出して、ロブかパスを打ちます。これは、私達がステイバックを維持し、相手を揺さぶることが出来る方法です。前半では相手のボールに勢いがあったため、うかつに浅いボールは出せませんでしたが、この辺りになってくると作戦の型にはめれるだけのスピードに落ちます。ロブだけでなくパスを打つ余裕も出てきます。

ドロップは、相手が拾えないような浅いボールは打ってはいけません。もちろん、そのショット自体はいいのですが、そのショットの裏には数多くのミスが生まれます。それは何としても避けたい所です。相手にわざと打たせるようなボールでいいのです。

このパターンで相当な点を稼ぐことが出来ます。うまくいけばこのまま勝利に持っていけます。

多くの試合では、初めの「打ち込みVSシコリ」という図式は見られますが、この中盤になったときに両者とも決めてに欠け、長いラリーでポイントが停滞してしまいます。こうなることを予測し、それに対応する作戦をとることで勝利に近づくことが出来ます。

また、中盤で1~3ポイントをサーブでとりたいところです。今まで、ファーストサーブは緩く入れてきました。ここで、全力でフラットサーブを打ったらどうなるでしょう?。入ったら相手はなかなか対応できないと思います。「緩いサーブがくる」と思っている相手には効果覿面です。しかし、そんな速いサーブをいきなり打ってもなかなか入らないですよね。ですので、たまーに打って1ポイント取れればいいやという気持ちで打ちましょう。場面は、30-40などで、相手のポイント&あと一ポイントでへ行こうカウントになる時が一番いいと思います。ダブルフォルトは無いので思い切っていきましょう。


中盤のまとめ

・ラリーのミスでのポイントを計算に入れない

・ドロップショットからのロブとパス

・たまに速いサーブを打って得点


第3段階

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほぐし療法士

ほぐし療法士とは、日本人の体型や好みに対応して考案された新しいカイロプラクティックの技術を習得している専門家を認定する資格 http://waggly.wglorenzetti.com/

| URL | 2008年08月29日(Fri)02:40 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。