雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ポイントの呼び方

ポイントの呼び方

テニスでは、1ポイント、1ゲーム、1セットを基準として試合が進められます。基本的には、ポイントを4つ取ると1ゲーム取得、ゲームを6つ取ると1セット取得となります。しかし、テニスにおいては、1ポイント、2ポイント・・・というようにはカウントしません。ポイントは、以下のように数えていきます。

0:ラブ
15:フィフティーン
30:サーティ
40:フォーティ

というようになります。
ちょっと特殊ですよね。これは、時計の1週を1ゲームに見立ててカウントしているという説が有力です。0分に始まって、時計を四等分したら15分、30分、45分(←!?)となりますよね。最後の45分の所だけがフォーティとなっているのは、フォーティーファイブだと言い辛いから短縮されたと言われています。


カウント方法

サーバー側のポイントを先に呼び、次にレシーバー側のポイントを呼びます。例えば、サーバー側のポイントが15、レシーバー側のポイントが30だったら、フィフティーンサーティとなります。これは特に問題ないかと思います。気を付けるのが両者のポイントが同じときで、このときはオールという呼び方をします。例えば、15同士ならば、フィフティーンオールとします。これもまた例外があり、40-40のときは、デュースと呼びます。

デュース以降は、リードした側にアドバンテージを付けて、アドバンテージサーバーなどと呼びます。

ブログランキング参加中
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。