雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

速いボールを打つ為に

球速というものは大変魅力的で、ボールスピードが速いことは試合においては相当な武器となります。割りと多くの方が、「速いボールを打つためには腕や握力の強い筋力が必要」と思っていますが、これは大きな間違いです。実際は、この辺りの筋力はほとんど要らず、ラケットを振り回せるだけの力があれば十分なのです。


ではどのようにして球速をアップさせるのでしょうか。


答えは、「筋力よりも、体の使い方をマスターする」ということです。
下半身→腰→肩→肘→手首、と力をうまく伝えるような動かし方が出来ればスイングスピードが上がりますし、ボールも速くなります。この過程の一つでも崩れると駄目です。例えば肘を突っ張ってしまったり、腰が引けてたりしてしまうと速いボールは打てません。


さて、難しくなってきましたね。力がうまく伝わる体の使い方って言われても、なかなかピンと来ませんよね。
「腰の回転を肩に伝え、肘と手首がそれに引っ張られるように・・・・」
と考えると非常に厄介なことと思われますが、これは


間接の力を抜くことで全てが実行できます。


力を抜けば、自然と理想的なフォームが形成されます。ただ、力を抜いて打つのはたくさんの練習が必要です。いかにしてリラックスしてスイングできるかを常に考えながら練習していきましょう。

ブログランキング参加中

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

デジタル写真集

デジタル写真集を探すなら http://www.takeonemusik.com/402853/411470/

| URL | 2008年09月15日(Mon)15:24 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。