雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

上半身の使い方

ストロークでは肩のラインを回して打ちました。しかし、ボレーでは左の肩で壁を作ってボールを迎え入れましょう。こうすることでラケット面が安定し、壁のようなボレーが可能になります。


肩を回すとラケットが不安定になるわけ

この不安定というのは、面が固定しづらいということを意味します。ボレーでは、速いボールに対応する為、出来るだけラケット面を打ちたい方向に向けて押し出したいのです。しかし、ここで肩を回してしまうとラケット面を打ちたい方向に向け続けることが出来ません。肩が回っているため、ラケットもそれにつられて回ってしまうからです。振り出しと振り終わりでは、全く異なった方向にラケットが向いていることになります。


ストロークはこれでもいいのです。ワンバウンドして、余裕を持ってボールを捕らえる為、肩を捻って強いボールを打つことを優先します。(ストロークでも守りのロブなどは肩を固定して面を作って打ちます)


しかし、ボレーでは速いボールに対応する為に面を固定して打たなければいけないのです。



肘は右のわき腹の前

フォアボレーのときの肘のポジションを確認しましょう。ボレーの時は少し横を向いて構えます。このときにラケットを持つ腕の肘はどこにあるでしょうか。体から離れた後方にあっては駄目です。その肘を少し前に持ってきましょう。目安は右のわき腹の前です。少し窮屈な感じですか?そうです。この体制は慣れないと窮屈だと思います。しかし、これぐらい肘を前に持ってきますと、自然とラケットが後方へ倒れて上向きの面が作られます。これでボレーのセットは万全です。

この肘がストロークのときのように、体の後ろにあると、これまたストロークの時のようなラケットの出方になってしまいます。徐々に直していきましょう。



ヘッドから切り込まない

バックボレーの苦手な方は、ヘッドが半円を描くほど回ってしまっていることがあります。どのようなことかと言いますと、構えたときにはヘッドが上を向いているのですが、打ち終わったときにはヘッドが真下に向いていることを言います。これは、手首でラケットを無理に使ってしまっている結果です。こうなってしまいますと、面が安定せずコントロールが付かなくなります。また、前への力も下に分散されてしまうため、威力の低下も招きます。


初めにラケットヘッドを上に向けてセットしたら、そのままの手首の形でボールを捕らえましょう。変に手首を使ってしまわないように注意しましょう。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

保険・スタディ・サービス

保険・スタディ・サービスを探すなら http://www.hvrdesigns.com/101438/

| URL | 2008年09月20日(Sat)15:43 [EDIT]


観葉植物

観葉植物を探すなら http://www.karakustr.com/100005/202513/

| URL | 2008年09月21日(Sun)02:39 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。