雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

体の使い方

体のそりを使いすぎない

サーブを打つときに、ひざを思いっきり曲げたり、苦しいぐらいに体を後ろにそらしている方を見受けます。実際プロ選手はそのような体の使い方をしているわけですので、その試みは素晴らしいことだと思います。しかし、そのような方のほとんどが、「ひざの曲げ伸ばしや体のそりが活かせていない」状況です。そういった方達に、「一度ひざを曲げないで打ってみましょう」と声を掛けてみると、それまで以上の威力のあるボールを打たれます。


これは、そういった体の使い方が上手くいっていなかったということです。ひざを曲げないほうが、より自然な形のために早いボールが打てるようになったのです。このような自然な形が完璧にできてから、ひざや体のそりを使って威力を高めていきましょう。


ひざや体のそりを使う前に、基本的なボールを投げるような体の使い方を覚えるほうが先ということになります



体は前に倒さない

サーブを打ち終わった形を思い浮かべてください。状態がキチンと起きていますか?サーブで力が入らない原因の一つに、スイングと同時に状態が前へ折れ曲がってしまうことが挙げられます。これは、「軸の無いスイング」ということになってしまい、威力が激減してしまいます。本人はかなり強く振っているつもりでも、この振り方ではヘッドスピードが上がりません。体の芯をしっかり作って、それを土台として腕を回していきましょう

ブログランキング参加中

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

弓道

弓道を探すなら http://www.tularebw.com/101070/501969/

| URL | 2008年09月23日(Tue)01:50 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。