雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

腕の使い方

左手はお腹の中に

スマッシュのときに、うまく体を使う為に左手を利用しましょう。多くの方が、「構えたときに左手を高く掲げろ」と教えられたと思います。これは、体を横に向かせる為で正しいのですが、ここからの使い方が、人によってかなりバラつきがあるように思います。

せっかく綺麗に高く構えても、そこから無造作に左手を使ってしまったのでは非常にもったいないです。

では、どのように使うのか。

スイングと同時に、高く上げられた左手をおなかの中にたたみこみましょう。そうすると、横向きだった体が自然と90度回転して、体の捻りを使ったフォームになります。


肘は高すぎず低すぎず

スマッシュやサーブは、ボールを投げる動作と全く同じ体の使い方をします。このことを念頭においてフォームを考えましょう。


「肘を高くセットしろ」と言われます。スマッシュやサーブは、肘を支点として腕を上下に回転させるわけですから、肘を高くセットしたほうが大きなスイングが可能になるわけです。しかし、あまりにも高くセットしすぎてはいけません。プロ野球投手のリリースポイントの写真を思い浮かべて頂きたいと思います。肘は肩と同じ程度の位置にあり、なおかつ少し曲がっていますよね。ここが大切です。


サーブやスマッシュもインパクトの瞬間は、肘は曲がっているのです。


肩と同じ位置です。多くの方が、インパクトの瞬間に肘を思いっきり伸ばそうとしています。しかしよく考えていただきたいと思います。思いっきり肘を伸ばした状態でボールを投げることが出来ますか?投げることは出来ても、普段の投力とはほど遠いパフォーマンスしか出せないでしょう。
もし今、スマッシュの威力が出なくて悩まれている方がいらっしゃいましたら、少し肘を下げて打ってみてください。必ず今までよりも打ちやすくなるはずです。


ちなみに、プロテニス選手の連続写真でも肘は曲がっています。一見伸びているように見えるのは、肩のラインが思いっきり傾いているからです。プロぐらいになると、とても強く体を捻って打ちますので、インパクトの瞬間に肩が地面と直角近くまで傾きます。
ブログランキング参加中

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昆虫

昆虫を探すなら http://www.gvshops.com/101213/409839/

| URL | 2008年09月23日(Tue)18:57 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。