雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラケット傾向の変化

2001年ぐらいまでは、いわゆる厚ラケ、デカラケというものが勢力を伸ばしていました。こうしたラケットのほうが、緩やかなスイングでも大きく跳びますので年配者の方や初心者に好まれていたのです。しかし、近年になって、そうしたラケットの傾向に変化が出てきました。


フェイスサイズは縮小傾向

近年は、フェイスサイズ110平方インチ、フレームの厚さ28mm以上というデカラケの販売シェアが落ちているそうです。それに変わって、100平方インチ前後、厚さ25mm程度の、大きくもなく小さくもないラケットのシェアが人気を博しています。

こうした傾向は、年配者層のプレースタイルの変化に起因しています。以前は、ラケットのパワーを使って、緩やかなスイングで当てて返すのが一般的であったのですが、近年はシニア層のレベルも上がり、よりパワフルなスイングで返す為に、少し小さめのラケットを使うようになったのです。かといって、ラケット面の小さい本格的な選手向けラケットでは少々打ちづらいので、100平方インチ程度の中間的なラケットの人気が上がってきているのです。

厚ラケ・デカラケがの人気急上は止まることがないと思っていたのですが、やはり時代のニーズは変化していくものなんですね。


重さも重量化傾向

重さに関しても同様のことが言えます。200g代前半の超軽量ラケットが全盛を迎えていましたが、現在では前述の理由から、300g程度の、少し重いラケットが好まれるようになってきました。これもやはり、重いラケットの利点が見直された結果であります。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日用品・生活雑貨

日用品・生活雑貨を探すなら http://www.jpnet.info/215783/100554/

| URL | 2008年09月30日(Tue)00:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。