雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1本張りと2本張り

さて、リクエスト頂いたガットの張り方による効果の違いを書いていきます。1本張りと2本張りですね。



1本張り

張り方:縦糸を張った後、ガットを切らずにそのまま横糸を張る方法

結び目:2箇所

長所

・結び目が2箇所しかない為、張り上げた後のガットの緩みが少ない


短所

・11m以上のまとまったガットが無いと張れない



2本張り

張り方:縦糸を張った後に横糸を張っていく。横糸を上から張るのか下から張るのかによってラケットへの負担やテンション配分が変わります。

結び目:4箇所

長所

・簡単に張れる
・フレームへの負担が少ない


短所

・結び目が多い為、ガットが緩みやすい



まあ、こだわる部分はテンションの緩みについてですかね。気にする人は1本張りがいいでしょう。テンションなんて少しぐらい緩んでもいいと思う方は2本張りで十分だと思います。ちなみに、大抵のスポーツ用品店は2本張りです。反対に、プロショップやトーナメント会場では1本張りが普通です。試合に出るのなら1本張りがいいかもしれません。



張りあがりの強さ

よく、「あの店は張り上がりが硬い」などという話が話題に上がりますよね。これってどういうことを表しているかお分かりですか?まあ、この言葉そのままなのですが、これはつまり「同じポンドで張っても、店によって張り上がりが違う」ということなんです。

ガット張りを依頼するときは、ガットを引っ張るポンドで依頼しますよね。実はこのポンド、同じポンド(例えば55)で依頼したとしても、誤差を生じる要因がたくさん潜んでいるのです。下に箇条書きしたものがその要因です。


・張り手
・張り機
・ガットの種類


現在のガット張り機の種類は、コンピュータ制御式、バネ式、分銅式があります。後者ほど人の手によって張り上がりが異なってきます。また、各店舗にあるガット張り機が全て統一されたポンドを表現できるかというと・・・そうではありません。これはガット張り機に限らず、すべての器具で当てはまりますよね。メンテナンス具合や使用年数などによって劣化が生じたりするので当然です。さらに、ガットは湿度や温度によって微妙に変化をします。当然これも張りあがりに影響してきます。


このようなことが積み重なって「あの店は~」などという相対的な評価になるのです。


スポンサーサイト

PageTop

練習の組み立て方

皆さん誰しも短期間で効率良く上達していきたいと思っていますよね。ここではその為の練習の組み立て方を書いていきます。ここで言う「効率がいい」というのは、決して「楽をする」という意味ではなく「効果を最大限に発揮する」という意味なのでお間違いのないようにお願いします。


基本は、初心者の為のシングルスで書いたことにあります。つまり、自分がどうなりたいかを明確に決定して、その為の練習をしていくということです。簡単なことですが、これがなかなか出来ないんです。

例えば、ルーチンワークとして毎日行っている練習が、試合のどの場面で役に立つのかを分かってやっていますか?特に高校生などの部活動では、与えられたことをこなすだけで、その練習がどう役に立っているのかが分からないことも多いかと思います。


練習を行っていく際には、まず目標を定めましょう。ここでいう目標とは各々の試合スタイルです。そして、それを実現する練習を組んでいきます。下のような感じです。
試合スタイル→必要な技術


必要な技術=それに即した練習+試合からのフィードバック


常に、目指す目標-現状=練習でやるべきこと


この図式を頭の中に入れておきます。


具体的には、初心者の為のシングルスの練習編を見て頂きたいと思います。ここでは、試合スタイルを3段階に分け、それに対応した練習を記しています。ここで注目してもらいたいのが、サーブの練習は入っていないことです。アンダーサーブというスタイルをとるため、サーブの重要度は低いからです。サーブに時間を割くぐらいなら、このスタイルで最重要のストロークに時間を割くほうが「試合に勝つ」という観点では効率がいいからです。私のこれまでの経験からも、ここで紹介しているスタイルにおいてはサーブを練習しないことによるメリットは大きいと思っています。もちろん、サーブからの組み立てを重視する人はサーブの練習は必須ですよ。


この考え方は、MBAにて「逆算思考」として学習するのですが、テニスにおいても十分すぎるほど役に立ちます。皆さんもこの考え方で、練習効果をより一層高めていきましょう。




PageTop

負けそうなとき

ちょっとした精神論です。このサイトでは、精神論はあまり書いていないのですが、負けそうなときに逆転する為には心の持ちようが大きく関係してくると思っていますので、ここに書かせていただきます。


1セットのシングルスの試合で1-5や2-5といったカウント、もしくは、3セットの試合で1セットdown+2セット目も5ゲーム取られているという状況まで追い込まれたとします。こんなとき、皆さんはどのように考えて試合を進めますか?もちろん、出来ることなら逆転したいですよね。でも、1セットに対して5ゲーム、3セットに対してこの状況はかなり厳しいですよね。格闘技のように一発で逆転できるスポーツでもないですし。


こんなときはマラソン選手の心理がとても役に立ちます。


マラソンって辛いですよね。プロ選手でもあんな長い距離を走っていたら、途中でリタイアしそうになったり、ゴールまでが異常に長く感じたりすると思います。でも、実際にはリタイアするわけにはいかないですよね。今までの練習やそれを支えてくれた仲間の思いを背負って走っているわけですから。マラソン選手はそんな時、どのように自分を鼓舞するのか知っていますか?



次の電柱までは頑張ろう



と思うのです。で、それが出来たらまた次の電柱、そしてまた次・・・・。この積み重ねがゴールに繋がるのです。



テニスも同じですよね。テニスにとって「電柱」って何でしょうか?1ポイントを取ることではありませんよ。1ポイントを取ることなんて、マラソンで言ったら1キロ先の目標物のようなものです。見えない目標物では挫折してしまいます。もう分かっている方もいるかと思いますが、



テニスにとっての電柱は、「ボールを返球すること」です。



「ボールを1回相手に返すこと」これが積み重なって一つのポイントになって、また一つのポイントになって・・・・・これが繰り返されて勝利に到達するわけです。


私は、負けそうなときや自分よりも強い相手と当たったときは、常に「とりあえず1球返そう」と心に留めて試合に臨みました。1球返ったら「よし、一つの目標を達成した」と心の中で呟き、そしてまた1球返ったら目標達成と自分の気持ちを繋げてきました。自分のプレイスタイルのせいもあると思いますが、学生時代はとにかく逆転勝ちが多かったです。それにはこの心理が役に立っていたと思っています。みなさんも、試合で負けそうなときや諦めそうなときには、是非、このマラソン選手の心理になって自分を奮い立たせましょう。


ちなみに、目標に対する達成意欲は、背負っているものが大きいほど強くなります。感動的な大逆転劇が見られるのは、個人戦よりも団体戦のほうが圧倒的に多くなります。

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。