雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初心者のシングルス・第3段階

場合によってはここまで行かずとも試合が終わってしまいます。ここまでくるということは、よほど実力が拮抗していて、機転の利く対戦相手だと言えます。具体的には、ドロップショットからの展開を封じられることでこの第3段階までもつれ込みます。


相手の状況

ドロップショットの展開に対して対策をとってきます。その方法は2つです。1つは、ドロップショットを打たれてもしつこくステイバックする。もう一つは、ドロップショットをドロップショットで返すことです。要するに、パスかロブを打たれての失点を無くそうとするのです。初心者の段階では、前者:後者=8:2ぐらいの割合です。よって、相手のしつこいステイバックにどう対処するかがポイントです。これはなかなか難しい課題ですが、予めそうなることは分かっていますので戦略を考えていきましょう。

戦略第2段階で述べましたが、相手がミスを警戒してずっとステイバックしている状況では、ポイントを奪うのが非常に難しいです。この段階では2つの方法を用いてポイントを奪っていきます。

1.連続ドロップ
→相手がステイバックしようとするのをまた前に出します。ドロップを連続で打つのは普段ならば危険なことですが、相手が後ろに下がろうとするときに打つドロップは大変有効です

2.相手のバックにボールを入れて前へ
→ネットプレイを取り入れた唯一の戦略です。この段階に来る頃には相手のボールは相当弱っており、ポイントを決めるのには高度な技術は必要としません。バックに入れてフォアに叩き付けると決めていきましょう。また、これはプレッシャーをかけて、その後のラリーを有利に進める役割もあります。


ドロップをドロップで返された場合

初心者の試合では少ないです。なぜなら、浅く丁寧に返すには絶妙な面のタッチが必要だからです。これをやってくる相手は初心者ではなくかなりうまいと言えます。対策としてはどんなボールにでもダッシュして喰らい付き、相手に「もっと浅く返さないととられてしまう」と思わせることです。この作戦でミスを誘発させましょう。


第3段階・まとめ

・連続ドロップ

・バックにアプローチ

・ボールに喰らい付く

以上のようになります。

スポンサーサイト

PageTop

初心者のシングルス・第2段階

さて、勢いのある前半を凌ぎきりましたね。ここまで来ればかなり勝利に近づきます。

相手の状況

前半で必死に拾った結果、相手はミスを多発し多くのポイントを失っていることでしょう。そしてそのことが相手に、もう少しスピードを落として打たないとミスをして負けてしまうと気づかせます。こうなるとラリーのスピードは落ち、前半よりも組みやすくなりますが、相手のミスは格段に減る為、ミス待ち作戦だけではうまくいきません


対策

ラリーの中でのストロークミスへの期待を捨てましょう。ここからは、ドロップショットで相手を前に出して、ロブかパスを打ちます。これは、私達がステイバックを維持し、相手を揺さぶることが出来る方法です。前半では相手のボールに勢いがあったため、うかつに浅いボールは出せませんでしたが、この辺りになってくると作戦の型にはめれるだけのスピードに落ちます。ロブだけでなくパスを打つ余裕も出てきます。

ドロップは、相手が拾えないような浅いボールは打ってはいけません。もちろん、そのショット自体はいいのですが、そのショットの裏には数多くのミスが生まれます。それは何としても避けたい所です。相手にわざと打たせるようなボールでいいのです。

このパターンで相当な点を稼ぐことが出来ます。うまくいけばこのまま勝利に持っていけます。

多くの試合では、初めの「打ち込みVSシコリ」という図式は見られますが、この中盤になったときに両者とも決めてに欠け、長いラリーでポイントが停滞してしまいます。こうなることを予測し、それに対応する作戦をとることで勝利に近づくことが出来ます。

また、中盤で1~3ポイントをサーブでとりたいところです。今まで、ファーストサーブは緩く入れてきました。ここで、全力でフラットサーブを打ったらどうなるでしょう?。入ったら相手はなかなか対応できないと思います。「緩いサーブがくる」と思っている相手には効果覿面です。しかし、そんな速いサーブをいきなり打ってもなかなか入らないですよね。ですので、たまーに打って1ポイント取れればいいやという気持ちで打ちましょう。場面は、30-40などで、相手のポイント&あと一ポイントでへ行こうカウントになる時が一番いいと思います。ダブルフォルトは無いので思い切っていきましょう。


中盤のまとめ

・ラリーのミスでのポイントを計算に入れない

・ドロップショットからのロブとパス

・たまに速いサーブを打って得点


第3段階

PageTop

初心者のシングルス(勝つための戦略・第1段階)

基本路線は、出来ることのみを試合に出す、ということと、相手の心境の変化を先読みし、一歩先を行く戦略をとるということです。試合を、第1段階、第2段階、第3段階の3つに分けて戦略を実行していきます。

試合を通じて常に、私達はステイバック、相手を前後に揺さぶるという戦法をとります。初心者の段階ではボレーよりもストロークが安定しているからです。


第1段階・相手に勢いがある状態

相手の状況

相手は最初、実力以上のものを出そうとしてきます。(調子とは?参照)ストロークもサービスも非常に速く、セカンドサーブもかなり思い切って打ってきます。そして、ネットにも良く出てきます。


対策

この最初が一番の難関です。速い球に振り回されて、それに対応できないと一気に畳み掛けられます。ここでは、拾うこととミスをせずに返球することを第一に考えます。私達はネットにも出ないようにします。浅い球は返球してベースラインに戻ります。これは、ネットミスによる失点を防ぐ為です。一度ゆっくり返球してベースラインに戻ることで、私達がミスをする確率が減り、相手がミスをする確率が上がります。

また、相手がネットに出てきた場合は全てロブでいいのでネットの上に打ち上げます。これは、別ページでもお話ししました「複数の選択肢」という概念に反するかと思いますが、試合序盤は相手の球が速いためこれでいいのです。無理なパスはミスを多くするだけです。スマッシュというのは十分な体勢で入っても決められない人が多く、高いロブは、初めのうちは大変有効な手段です。

前述の通り、試合序盤の相手選手の球というのは本人の実力以上のものであることが多いです。ということは、何回も打っていればかなりの確率でミスをします。ダブルフォルトも多いです。

もう一つ。私達はファーストサーブは緩く確実に入れ、セカンドサーブは初めからアンダーサーブで打ちます。かなり意外に思う方もいることでしょう。これは、ダブルフォルトのリスクを0とし、相手のミスを誘発するという役割を担っています。

私がシングルスを教えていて、または試合をしていてもったいないなと思うことはダブルフォルトです。だって、こちらが何もしなくても点を貰えるわけですから、こんな楽なことはありません。中には試合の中で5~10回もダブルフォルトをする人もいます。だったら※アンダーサーブを打って、その10失点を防げばいい訳です。簡単ですよね。しかも、アンダーサーブに関しては相手がかなり強気に出てくるため、リターンミスや前に詰めてきてのネットプレイミスで十分稼がせてもらえます。当然、リターンエースを取られる事もありますが、これは、自分のダブルフォルトが0になったことや、相手のミスにより、それ以上のポイントが得られるのでなんら問題ありません

前半の得点方法

1.相手のハードヒットによるストロークミス

2.アンダーサーブを打ち込んでのミス

3.ロブを上げてのネットプレイによるミス

4.相手のダブルフォルト

まとめるとこうなります。


※ちなみに、私が一番やってはいけないことと伝えてきたことは「試合の途中からアンダーサーブに変えること」です。これは大方、上から打つサーブが入らないからということなのですが、そのようなことは試合を始める前から把握していなければいけないことですよね。試合開始時点からアンダーサーブで打っていればそれまでの失点は防げたはずです。ですので、これほど勝利から自分を遠ざけてしまうなことは無いと思っています。

第2段階

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

初心者の為のシングルス

戦略考察ということで、初心者、主にテニス歴1~3年程度の草トーナメントに出始めた方を対象とします。シングルスは技術差が挽回しにくい種目だと書きましたが、初心者の段階では多くの人が戦略を十分練ることが出来ていない為、逆転の余地は十分あります。私はこのことがとても好きで、テニス歴の浅い人にシングルスを幾度となく教えてきました。教えていく段階で、初心者の試合パターンに共通する要素があることに気づき、それに対応する作戦をとることで勝利に近づくと考えました。初心者が中級者以上のかたにシングルスで勝利する姿は感動的なもので、その姿が見たいがために教えていました。

ここでは、初心者VS初心者もしくは、初心者VS中級者という図式の中で、初心者の方は、①.どのような戦略をとればいいのか、ということを述べた後、②.それを実行する為の練習法を解説していきます。

勝つための戦略・第1段階
第2段階
第3段階

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

管理人紹介

名前:さつ

居住地:東海地方

年齢:26

身長・体重:180cm・64kg

職業:会社員

テニス歴:14年ぐらい(軟式は別に3年間)

プレイスタイル:シコラー

主な得点源:ドロップ→パス、スマッシュミス

好きな練習:スマッシュを拾う練習

練習頻度:週2回スクール(仕事)、プライベートでは週1回程度

最近の悩み:体力の無いシコラーになっていること

コーチ歴:19歳から。4~6年ぐらい(かも)。しかし、アルバイトでしかやったことがありません。 有名な所では、コミュニティアリーナ、メガロスでしていました。

コーチング方針:初心者の方に、テニスを上達する楽しみを知っていただく。技術指導を、より具体的な表現で伝えていきたい

ブログランキング参加中


PageTop

コーディネーショントレーニング

目的:反復練習によりラケットコントロール、面の感覚を高める
内容:普段の練習とは異なり、極端に短い距離でのボールのやり取りを行う
理由:短い距離ならば力を入れずにボールを捕らえる事が出来るため


ボレーの苦手な人は、スイングしてボールを飛ばす感覚が強い反面、面を使ってボールをコントロールする感覚が欠けている人が多いです。是非この練習を行ってみてください。



練習1(1回トラップ→渡す)

①お互いがネットから1m以内のところに立ち、向かい合います

②フォア側で1回ボールをトラップして、2回目のヒットで相手に渡します
※緩やかな放物線を描く打球

③受け取ったほうは、そのボールを同じように真上にトラップしてから相手に渡します。
※トラップは出来るだけ低く

やり取りの最中はフォア側でラケットをやや上向きの状態で構え続けます。トラップの際のボールの威力吸収、相手に渡すときの正確なコントロールを養います。

注意事項
1.相手の取りやすい弾道で、なおかつ相手が構えたところに放物線の終着点を定める

2.ラケットを振り上げないで打つ

3.非常に緩やかなバックスピンをかける

4.力を抜く

5.打球は頭の位置以下をキープ

→この練習は基本中の基本です。反復して必ずものにしましょう。しかし、やってみると意外と難しいことが分かると思います。初めのうちはトラップがうまく出来ず、高く上がりすぎたり、左右に散らばってしまいます。そうすると次の打球が思うように打てずに、お互いがあっちこっち動きまわって何がなんだか分からなくなってしまいます。

あえてグリップを指定しませんでしたが、ラケットを振り上げないで放物線を描き、緩いバックスピンがかかるという条件を考えると、薄いブリップが適していると、練習をしていく中で実感できると思います。

この練習は、反復練習が重要です。2人でまともにラリーができるようになるまでかなりの時間がかかると思いますが、そこからがスタートです。何回も練習していきましょう。



練習2(1回トラップ→ショートバウンド返球)

①ネットから2mの距離で向かい合います

②1回トラップした後、そのボールをそのまま地面に落とし、ショートバウンドで捕らえて相手へ
※ショートバウンドで捕らえるときは「打つ」感覚ではなくて、面に乗せて運ぶ感覚で

③相手はノーバウンドで受け取り、トラップ→地面に落とす→ショートバウンドで返球

フォアハンドのみで行います。常にラケットを構え続け、構えられたラケットにボールをコントロールします。

練習1よりも距離が遠く、威力も強くなるのでトラップの際のタッチが難しくなります。また、ショートバウンドで捕らえる時の感覚も相当重要です。


練習3

①ネットから1mの位置で向かい合います

②お互いトラップせずにノーバウンドでボールを渡しあいます(距離の無いボレーボレー)

③最初はフォアハンド同士で、徐々にコースを指定していきます
コース指定の例
・一人がフォアハンドのみ、相手がフォアバック交互に打つ
・お互いがフォアバック交互に打つ

面の向いている方向にボールが飛んでいく感覚。近い距離、ノートラップでも続けることの出来る打球を打つ。

ブログランキング参加中

PageTop

面の使い方をチェックしましょう

チェックの仕方

まず、ご自身が優しくボールに触れているかどうかをセルフチェックしてみましょう。

転がっているボールをラケットでバウンドさせて拾うことが出来るか?

ボールを地上20cmのところで地面にバウンドさせ続けることが出来るか?

ラケットでボールを上に放り、落ちてきたボールをラケット面でバウンドさせないでキャッチすることが出来るか?

簡単に3項目チェックしてみましょう。どうでしょう?なかなか難しいと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は良くこの動作をレッスンでやってもらうのですが、実は上級者クラスでも①の内容が出来ない人が割りといらっしゃいます。簡単そうに見えて難しいんですね。



なぜ出来ないのでしょうか?

ラケットコントロールを意識した練習をしていないからです。もっと細かく言えば、力を抜いてボールに触る練習をしていないからです。①~③の項目のいずれも、「力を抜いてラケットを操作する」必要があります。例えば、ベースラインでのハードな打ち合いしか行っていない方は、柔らかいラケットコントロールを習得するのは困難になります。

次にそれ専用の練習方法を見ていきましょう。

ブログランキング参加中

PageTop

上達の基準

上達した基準は?

試合の結果以外で、皆さんはテニスが上達した証をどんなことで判断しますか?また、「この人はうまいな」と思うときはどんな時ですか?

これに関しては人それぞれだと思います。速いボールが打てるようになったとか、フォームが綺麗になったとか、ボールに対する反応が良くなったとか。色々あると思いますが、ここで私のお勧めする「上手くなったという基準」は、柔らかいラケット操作が出来ているかどうかです。



柔らかいラケット操作とは?

かなり曖昧な表現ですよね。なかなか定義しづらい言葉です。簡単に言えば、ボールに優しく触れているかどうかです。優しく触るには力を抜かなければいけません。そして、力を抜いてラケットを操作するには、脳が効率的な動作を見出すまで、とても多くの反復練習が必要になります。つまり、初心者の方と上級者の方とでは決定的に差が出るところなんです。そして、ラケットとボールのタッチの瞬間というのは、テニスにおいて全ての根幹になりますので、この柔らかいラケット操作が出来ているかというのはとても大切なんです。戦略において、ドロップショットやロブ、ボレーを組み込んでいる方にとっては特に重要になってきます。

ちなみに、「速いボール」というのはテニスを始めて間もない方でも打つことが出来ますので、単純に上達の基準とするのは難しいと言うことになります。

ブログランキング参加中

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

試合に繋がる練習

「調子とは?」でお話しましたように、試合の中ではなかなか自分の思ったパフォーマンスを出すことが出来ません。思ったとおりに試合が出来ないと、満足いく戦略も立てれません。結果、どんどん悪循環に陥ってしまいます。


そうしたことを防ぐべく、このページでは、どのようにしたら練習どおりに試合ができるのか

をテーマにお話させていただきます。


練習の意味を把握

皆さんは大学受験や定期考査のことを覚えていますか?だいぶ昔の話になる方も、今まさにその試験に取り組んでおられる方もいらっしゃるかと思います。こうした試験においてはある程度の勉強をしていくわけですが、ただ単に何も考えずに勉強をしていったのでは駄目ですよね。英作文の試験において単語を覚える勉強しかしないとか。そういった勉強をしていると


「こんなにも勉強したのに点が取れない。努力が報われなかった」


なんていう結果に陥ってしまいます。当たり前ですが、このような試験勉強で大切なことは、出題される問題を把握し、それに即した勉強を行うことですよね。これはもうみなさんご存知かと思います。自分のしている勉強が、試験のどの場面で役に立つのかを把握していないと駄目ですよね。そして、定期的に模擬試験で実力を分析し、それを補う勉強をしていく。勉強をする上での基本ですね。


テニスに関してもこれと同じことが言えます。練習をする上では、自分の行っている練習が試合のどのような場面で役に立つのかを把握することがとても重要です。これがなかなか難しいので次に詳しく記していきます。



練習の分類

練習の種類は大きく3つに分かれます。基礎技術練習、戦略練習、試合形式練習です。後者ほど試合との関わりが強くなってきますが、3者間に優劣関係は全くなく、全ての練習が重要です。ではもっと具体的に見ていきましょう。


基礎技術練習

球出し練・半面ラリー・ボレーボレーなどがこれに当たります。ストロークやボレーなどの各々のスキル向上のために行います。これは、試合とは程遠い練習です。当然ですよね。試合においては、コートの指定されたところにボールが飛んでくるということはありませんし、ボレーボレーのようにお互いが正面にボールを返し続けるということもありません。



戦略練習

アプローチ練・ポーチ練など、それぞれの得点パターンを反復する練習を言います。基礎練習で培った技術を「試合という場」に還元できるように、橋渡し的な役割を担う練習です。どんなうまい人でも、練習をしていないことは試合では出来ません。奇策と言われる作戦が通じないのもこの為です。試合でいつもと異なった作戦を取りたいのならば、それに即した練習をしなければポイントをとっていくことが出来ません。

この練習の試合との関わり度は高めですが、それでもまだ試合とは距離があります。アプローチ練は、打つ側も拾う側もアプローチだと分かっています。ポーチ練もポーチに出るまでの心理的状況などは無視されています。要するに、形のトレーニングなのです。ポイントを取っていく形を学習しているのです。


試合形式練習

練習における試合です。練習の中では一番実践的な形です戦略トレーニングで培った「形」を、試合の場で実践出来る様にする事が目的です。前の2つのの練習では、コースが決められていたり、攻めの形が決められていたりしました。しかし、試合形式練習では、全てがフリーです。アプローチして前に出たくても相手のボールが深くて出られないことがあります。これは戦略練習ではありえなかった事態ですよね。そうした状況の中でいかにして自分のパターンを築き上げていくかが重要になってきます。



練習のまとめ

長くなってしまいましたのでまとめてみましょう。

基礎練習
各技術の向上(精度・威力)

戦略練習
基礎練習で高めた技術を試合で使える「形」にする

試合形式練習
戦略練習で会得した「形」を試合の中で使えるようにする



自分の実力を把握するためには

ここまで読んで下さった方は、「基礎練習や戦略練習でのパフォーマンスを自分の実力と判断するのは間違いだ」とお分かり頂けると思います。この2つの練習ではコースや相手の攻め方が予め決められていますので、自分の思うように打てるのは当たり前なのです。ですので、試合において、「球出し練のようないいショットが打てない」というのは当然のことで、それを調子が悪いと結論付けるのはおかしいということになります。

やはり3つの部類の中で自分の実力を把握できるのは、試合形式練習です。定期的にこの練習を行い、自分の実力を把握することが大切です。しかし、試合形式練習も、結局は練習であって試合そのものではないということも注目して頂きたいと思います。練習でありますので、行う相手はいつも練習している人だと思います。攻め方も弱点も良く分かっている相手です。例えば、バックを攻めればミスをしてくれるという情報があるだけでだいぶ違います。しかし、実際の試合では相手の情報なんてほとんどありません。そうした状況では、弱点を探しながら、また、相手の攻めに対応しながら自分の攻め方も出していかなければいけません。また、団体戦では勝敗のプレッシャーが個人戦の比ではないほどかかってきます。

このように、実際の試合においては、練習では味わえない要素がたくさん潜んでいるのです。


自分の実力を把握するためには、上に挙げた3つの練習において、この練習はどういった役割を果たしているのかを把握し、実際の試合では練習外要因をしっかりと実感することが大切です

なかなか難しいことですが、自分の力を正確に知ることが出来れば、必ず今以上の成績を残すことが可能になってくると思います。

ブログランキング参加中

PageTop

ロブは立派な武器

「ロブなんて卑怯だ」「かっこ悪いから全て打ち込んでいく」
と、ロブを悪しきものとみなす方も多いです。特に、初心者から中級者のテニスを始めて間もない方がこのように思っているようです。中級クラスのレッスンで試合形式の練習をしますと、ハードヒットの嵐となる場合が多く、ラリーが続かずに全く試合にならないことも多々あります。


ロブは立派な武器です。以下にその利点を挙げてみます。


・ 高い放物線を描くため、前衛の頭を越すことが出来る
・ 面を合わせて打つためミスが少なくなる
・ 滞空時間が長いため、センターに戻る時間を稼ぐことが出来る
・ ドロップショットと同じモーションで打てる


前衛の頭を越すロブ

前衛が前に出てきたときあなたはどうしますか?
一つにパスで抜くという選択肢がありますね。この「一つに」というのが重要です。パスはあくまで選択肢の一つです

もしそうした状況でパスのみの選択肢だったらどうなるでしょうか?

私が貴方の対戦相手でしたらネットにベタ詰めします。こうすることでパスのコースを限りなく潰すのです。貴方が1流のパスを持っていたとしても、こうされてしまっては抜ける確率が下がります。テニスは確率のスポーツですので、確率の低下はそのまま敗戦に繋がります


では、ロブを混ぜたらどうでしょうか?


私が前衛ならば、スマッシュの準備と頭を抜かれることへの警戒心から、ネットから少し離れたところにポジションを取ります。こうなるとパスを打つ側は有利になります。なぜなら、パスを打てる角度が広がるからです。ベタ詰めされた状態に比べると大分パスが打ちやすくなります。

これは、「この相手はパスとロブがある」と相手の頭の中に入った所以です。
パスしかこないと分かっていれば、どんな強いパスも威力が半減してしまいます。
ロブがあってはじめてパスが活きてくるのです。



ミスの少ないショット

私もテニスを始めたころは、ロブは単なる逃げの手段で下手な人が使う技術だと思っていました。今となっては恥ずかしい話です。ロブの利点としては、面を合わせて運ぶため、ミスが少なくなるということが挙げられます。特にシングルスでは絶大な効果を発揮します。


私が、ロブの重要性を認識した試合が以下のものです。


5年以上前、T大学とK大学の試合を観戦しました。
この2大学はテニスのレベルが非常に高く、中にはAll East(関東学生選抜)に選ばれている人もいました。
団体戦(S5本、D4本)の展開としては、ダブルス4戦ともにT大が勝ち、5本のシングルスを前にT大が勝利にリーチをかけました。


さて、シングルスです。
後のなくなったK大のシングルス陣は、皆が石橋を渡るぐらい慎重な試合運びをしました。
K大のシングルスの中に私の知っている先輩で、All Eastになった方がいました。
その方は、とてもハードなボールを打つことで知られ、学内でもNo2の称号を得ていました。


その先輩がロブを上げているのです。


サービスライン付近に落ちたボールも、ロブを上げてステイバックしていたのです。

私はその光景に衝撃を受けました。
自分よりも数段上手い先輩がロブを使っているのに、下手な自分が使わなくてどうして試合に勝てるんだと思いました

結局、守りに徹したK大がシングルスを5連勝し、団体としての勝利を収めました。
見ていた私にとっては、革命的な試合になりました。



滞空時間

サイドに振られた場合どのようにして切り返すのが良いでしょうか?

サイドラインよりも大幅に横に振られるようないいボールの場合、それをハードヒットして返すのは無理があります。
なぜか。

・ ハードヒットできるほど足を運ぶことが出来ない可能性
・ 例えうまく打てたとしても、オープンコートに対するカバーが間に合わない可能性


2つのマイナス要素を持った可能性が背後にあるからです。

これを打ち消すにはどうしたら良いのか。


ロブが全てを解決してくれます。


ロブならば足が間に合わなくても、ラケットさえ間に合えば面を作って返すことが出来ます。さらに、ロブは滞空時間が長いため、センターに戻って再び構え直す時間も与えてくれます。
コートを広くカバーリングするには、ロブの利点を最大限に使っていきたいところです。



ドロップ&ロブ

ドロップとロブは全く同じフォームで打つことが出来ます。相手に、同じフォームでも深く落ちるロブと浅く落ちるドロップショットの2つのショットがあると意識させることで、ラリーを圧倒的に有利に進めることが出来ます。
ブログランキング参加中

PageTop

パスは上下で抜く

前に出てきた前衛の横を抜くのは非常に気持ちの良いものです。その爽快感に取り付かれて、パスをサイドラインギリギリに狙って打つ人がいます。こうなると、確かにパスを綺麗に抜くことがあるかもしれませんが、それにも増してサイドアウトが多くなってしまいます。しかし、本人は綺麗にパスを抜いているイメージが強く残っており、あまりミスをしていないような錯覚に陥ってしまいます。試しに練習でも試合でも良いので、自分のパスミスを数えてみて下さい。思っていた以上のミスがあって驚く人も多いかと思います


パスの理想としては、ミスをしないでポイントを取る、ということです。


ミスを減らすには、サイドを抜く意識よりも、回転を重視して弾道に上下の幅を持たせるということが大切です。初めは、打つ場所は相手の正面で十分です。(上級者の方はもっときわどいコースを狙って頂きます)「正面だと簡単に取られるのではないか」と思われるかもしれません。これに関しては全く心配ありません。正面に狙ってコントロールしたとしても、打ったボールは必ずバラつきます。例え正面に入ったとしても、回転の綺麗にかかったボールは相手の足元に沈み、ボレーのしづらい弾道になります。そして結果的に左右にボールが散らばって、相手の横を抜ければOKということになります。


無理にサイドを狙わず、上下の動きで相手をミスらせましょう。

ブログランキング参加中
懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

調子とは?

よく、「今日は調子が悪かったから負けた」などという言葉を聞きます。


さて、調子とはなんでしょうか?

おそらく、この発言の意味するところは、「普段のイメージに比べて劣るパフォーマンスしか示すことが出来なかった」ということだと思います。それを、調子というバイオリズムの責任にしていると思われます。


ここで疑問点が出てきます。

果たして、日によって自分の実力にそれほど変化が出てくるのでしょうか?


私はそうは思いません。
しかし、人によっては、その日ごと、試合ごとにパフォーマンスが異なって感じられる(大方劣って感じられる)のは事実であります。


なぜでしょうか。


それは、日、試合によって、各々の置かれる状況が全く異なってくるからです

例えば、普段フラット系の人と打ち合っている人が、スピン系の人と試合したらどうでしょうか?
おそらく、スピン系のボールを返すのに苦労すると思います。これがその人にとっては、「普段の練習よりも劣るパフォーマンスしか出せなかった→調子が悪かった」と感じられてしまいます。これは、調子が悪いというよりも、その人にスピン系のボールを返すだけの技術がなかっただけなのです


普段練習している人よりも圧倒的にうまい人と試合したときにもこの傾向は顕著です。うまい人は、相手の技術を封じる術も豊富に揃えています。そんな人と対戦して普段の練習のように打てなかったとしても、それは調子のせいではなく、ただ単に技術不足なだけなのです。


原因は調子ではなく、全て技術なのです。


では、この技術不足を調子の責任にしてしまうのはなぜでしょうか?


これは全て、自分の実力を把握し切れていないことに起因します


自分が「何がどのぐらい出来るのか」「こういう相手にはこれぐらいの技術が出せる」などということを正確に把握していれば、調子などというあいまいな発想は無くなり、全ての試合が自分のベストパフォーマンスと映るはずです。


この発想は非常に大切です。


例えば、試合に負けたとしましょう。ここで、その敗戦を調子のせいにするのか、具体的な技術のせいにするのかで随分とテニスの成長に差が出てきます


調子のせいにした人は、調子が良かったら勝てとた思うため、敗戦から練習へのフィードバックを行いません
しかし、技術的に負けたと思う人は、その敗戦で得た具体的な技術不足を練習へフィードバックし、次回はもっといい試合が出来るようになります


調子の良し悪しという発想は、自分にとってマイナスでしかありません。冷静にかつ技術的に自分を分析できるようになりましょう。

ブログランキング参加中

PageTop

ポイント取得方法を考える

貴方がシングルスの試合をするとき、どのようにポイントを取っていくか考えていますか?多くの人は大まかに自分のスタイルを考えて実行していると思います。
ひたすら拾う人、前に出る人、ストローク勝負の人。
このようなスタイルを考えるとき、ただ拾うだけ、ただ前に出るだけ、ただストロークを打つだけでは駄目です。


拾う中でどのようにポイントを取っていくか、どのようなボールのときに前に出るのか、ストロークを打つ中でどのようにポイントを取っていくのかを具体的に考えていかねばなりません。
このような自分なりのパターンが無く、ある程度レベルの高い者同士の対戦では、決め手の無いロブロブの試合展開になってしまいます。これは、うまいが為にお互いミスらないが、決め手が無いために長引いてしまう試合の典型です。こうした戦況をも打破できるような、自分だけのポイント取得方法を考えていきましょう。

ブログランキング参加中
懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

ロブロブの展開

多くの人は、試合初めの作戦は考えているかと思います。拾い続けるのか、前に出るのか、ストローク勝負なのか。当然これは自分のスタイルになるわけですから、しっかりとその作戦に向けた練習も積んでいると思います。それなりにうまい人同士の試合では、お互いがミスらずロブロブの展開になることが非常に多いです。


では、ロブロブの展開になったときにどのようにポイントを取っていくのか考えていますか?


多くの人がこのときの作戦を考えていないか、または、考えていてもそれに向けての練習をしていないことが多いです。その為に、決め手に欠け、ロブロブの展開が続けられてしまうのです。


大学時代に次のような試合を目にしました。
団体戦です。
3勝3敗で迎えたシングルス。
この試合の勝敗が事実上の勝敗決定戦となりました。

その気になるシングルスの対戦カードは、一方がオーストラリアのテニス留学から帰還した選手、もう一方は超が3つぐらい付くほどのシコラーでした。


留学選手は球のスピードが異常に速く、サーブも180kと言われていました。フォームもしっかりしていて、誰が見てもうまい選手でした。
一方シコラー選手は、それほど速い球はありませんでしたが、ボールを拾うときの面感覚が非常に優れていました。
試合前予想では、圧倒的に留学選手が有利というものでした。
団体の力としても、留学選手のいる団体はシードされており、下馬評通りに勝ち進むと思われていました。


試合序盤は、留学選手のスピードボールをシコラー選手が拾うという予想通りの展開でした。
さすがのシコラー選手もスピードボールに苦労していましたが、見事に拾い切って試合を互角か少し劣るぐらいの展開にまで持ち込んでいました。
3-2でシコラー選手がリードしたとき、実に3時間が経過していました。
この状況になったとき、ラリーの様相が変化していました。
留学選手の打つボールが序盤とは比べ物にならないぐらい遅くなったのです。
遅いなんてものではなく、ただ当てて返すだけのボールになりました。
疲れたわけでもないのに。


シングルスをある程度やったことのある人ならこの気持ちは理解できるかと思います。
これは、「打ちたくても打てない」のです。
打っても全て拾われてしまって、力で突破することは不可能だと悟ったのです。
そうなると、ミスの確率が上がるハードヒットではなく、確実に当てて返すことが第一優先事項になります。


この試合、中盤以降は全てお互いが当てて返すだけのラリーが続き、実に8時間を要すとても長い試合となりました。


気になるスコアは、6-3、7-5ということで、シコラー選手のストレート勝ちでした。
8時間もかかったのに、3セット目までいきませんでした。


シコラー選手の勝因は、当てて返すだけの試合展開をいつも想定していたこと。そして、留学選手の敗因は、力で押し切る展開しか想定していなくて、ロブロブの展開になったときのポイント取得手段がなかったことです

お互いが同じようなボールでラリーをしているように見えても、主導権を握っているのはシコラー選手のほうだったのです


この試合に関しては、誰が見ても留学選手のほうがテニス技術は高かったと思います。
しかし、普段練習していない試合展開となったため、留学選手のパフォーマンスは激減してしまったのです。
そのような展開に持ち込むことが出来たシコラー選手は、非常に経験豊富で頭のいい選手だと言えます。


シングルスの試合は、上級者ほど長いラリーが続き、結果的にロブの展開になる場合が多いです。こうなったときの練習をすることで、勝率が大分違ってきます。

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

シコる

シコるとは

ミスをしないで、ひたすら相手のボールを拾い続けることです。草トーナメントのシングルスにおいては最強の作戦となります。また、上級者においても相当有効な手段であることは間違いありません。マイケルチャンやアランチャサンチェスなどがプロテニス界における代表的なシコラーでした。

シコラーは、バウンドしてからボールのスピードが落ちるクレーコートではその力を最大限に発揮することが出来ます。クレーコートでの試合の多い大学テニス界においても、最も恐れられるプレイヤーです


シコることの有効性

素人レベルでは、フットワーク>打球のスピード、となるからです。かなり打球スピードに自信のある人でも、シングルスの狭いコートを突破するのは難易度の高い課題となります。例え1回2回と突破できたとしても、それに伴うミスも多くなり、結果的にポイントで負けてしまうということになります。特に、草トーナメントにおいては、打球の正確性自体に課題の残る人が多く、そのような人はいくら打球が速くても、当てて返してくるだけのおじさんに簡単に負けてしまいます。


シコり方

色々あります。面を作ってボレーのように当てて返す方法、スピンでシコる方法、スライスでシコる方法。どれも共通するのは、自分にとって100%の自信を持てる打球で返すということです。当然ですよね。決定力に欠けるボールなわけですから、自分からミスをしていたのではポイントが奪えません。

シコり方で多くのプレイヤーが選択しているのは、スピンをかけて返す方法です。強烈な順回転は、ネットミスとバックアウトを極端に減らしてくれ、バウンドしてから大きく跳ねるため、相手を深い位置まで追いやることが出来ます。また、高く跳ねるボールというのは非常に打ちづらく、特に身長の低い女子選手に対しては例えスピードが遅くても驚異的なボールとなります。以前アランチャ・サンチェス選手と対戦した伊達公子選手は、「頭の上までボールが跳ねてとても打ちづらかった」とコメントしていました。


シコラーの定義

これは非常に難しいものです。というのも、シコラーとは、絶対的なものではなくて相対的なものだからです。例えば、サンチェスがシコラーと呼ばれていました。左右に振られながらも全てのボールに食らいついていくフットワークがサンチェスをシコラーと呼ばせました。しかし、もしサンチェスが日本の草トーナメントに出場したらどうでしょうか。彼女はシコラーとは呼ばれませんよね。圧倒的な力で優勝し、左右に振られることすらないでしょう。シコラーのサンチェスがシコラーではなくなるのです。


上級者になってくるほど1球の大切さを知り、自分の中での100%のボールで返球するようになってきます。それが当たり前になってきます。その中で、フットワークが良く、ラケットコントロールのうまい選手はシコラーと呼ばれるようになります。しかし、レベルの違いでシコラーでなくなる瞬間があるのです。シコラーというのは、試合が終わってみて「結果的にその人はシコラーだった」というだけです。


ブログランキング参加中

PageTop

前衛のポジション

初心者のクラスでダブルスを始める時、最初に質問が来るのがお互いのポジションについてです。一人が前、一人が後ろというポジションはわかっていと思うのですが、これ以上の細かい動きが分からないことが多いようです。レッスンでは、「前衛は前後に三角形を描きながら動きなさい」とか「ボールが頭の上を越えたらチェンジしなさい」などと教えられると思うのですが、これがなかなか体得するのが難しいのですね。


なぜでしょうか。


それは、そのように動かねばならない真意が分からないからなのです。生徒さんからの質問では「どうしてこのように前後にならなければいけないのか分からない」「どうして左右入れ替わるの?」などといったご質問が大半を占めています。受験勉強でも、理屈が分からないものはなかなか理解しづらいですよね。


ということは、そのポジションの真意を理解すれば、簡単に理想的な動きが出来るようになるのです。


前後のポジションの意味

センターを守るという基本路線

ダブルスで一番怖いのは、サイドを抜かれることではなくて、センターを抜かれることなのです。センターというのは、攻める側としては非常に有益な場所なのです。(→センターセオリー)
そこで、ダブルスをやる人は、センターを守ることを心掛けていきます。
そうすると、クロスラリーのときは、前衛がアドサイド、後衛がデュースサイドということになります。


これが逆でしたらどうなるでしょうか?


相手後衛から見た場合、センターががら空きです。非常にセンターを抜きやすい形となってしまいます。これを防ぐために、センターを潰すポジションを取るのです。


この発想で、「ボールが頭の上を越えた場合の動き」も対応できます。
ボールが頭の上を越えた場合、そのままのポジションでいると、前述のセンターががら空きのポジションになってしまいます。それではいけませんので左右のサイドをチェンジするのです。


また、この基本線は並行陣でも同様です。センターを防ぐために、2人が前にいながら少し前後にずれて位置取りをします。



前衛の動き

ラリーの最中、サービスラインより前の空間で前衛は前後に動きます。


前に行くとき
相手前衛の頭をボールが越えたとき。(相手前衛のポーチの危険性が無くなった。相手後衛のボールをポーチするため)


後ろに下がるとき
自コートにボールが落ちたとき。(味方後衛の打つ範囲を広げてやる。相手前衛のポーチに備えるため。)



ポジションの重要性

ダブルスは、ポジション取りさえしっかりすれば、自分たちよりもうまい相手にも勝ててしまいます。


私が大学生のとき、「ダブルス3本、シングルス1本」という言葉がありました。


これは、S4本、D3本の団体戦において、上記の本数を取って勝つというものでした。私たちの団体は、大会の中では中間より少し上辺りにいました。目標は上位進出ということを踏まえ、このような言葉が言われるようになりました。


上位の団体は、シングルスもダブルスも非常に強力な選手が揃っています。この言葉は、その団体に勝つ為には、ダブルス全勝を狙っていくというものでした。強力プレイヤーと戦う際には、シングルスでの番狂わせはなかなか難しいものです。しかし、ダブルスの場合、作戦やペアとのコンビネーションで、個人能力の差を逆転することが出来るのです
もちろんこれは、その場の奇策でどうにかなるといった意味ではなく、普段から作戦を練り、それに合わせた練習を入念にすることで、その差を逆転できるという意味です


PageTop

ポーチに出よう

ポーチとは

後衛同士のクロスラリーに前衛が飛び込んでいってボレーでカットすることです。雁行陣においては最重要項目のプレーです。


ポーチの重要性

雁行陣で大切な技術だと申し上げました。それはなぜかということを解説致します。ダブルスの試合においてレベルが上がるにつれ、後衛のミスがどんどん0に近づいていきます。賢いプレイヤーはむやみにハードヒットせずにきっちりとクロスの深いところへ落としていくからです。このようなラリーが続くと、後衛同士ではなかなかポイントが決まらなくなります。となると、ポイントを取るためには、前衛がそのクロスラリーに飛び込んでいくしかないのです。前衛のポーチは、雁行人のダブルスにおいては無くてはならないものなのです。



ポーチに出るタイミング相手後衛とのタイミング

相手後衛がラケットを振り始めたときです。

え、少し早いんじゃないのか?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。これでいいのです。これが例えば、相手後衛がボールを打ってからポーチに出るとすると、クロスラリーに飛び込んでいけません。せいぜいセンター付近の球をカバーするのが精一杯です。しかしよく考えてみてください。「相手がボールを打って、それがセンター付近にきたのでカバーする」これは当たり前のことですよね。センターは前衛が守らないといけない場所です。ポーチはそうではないのです。クロスラリーに飛び込んでいくのです。そうすると必然的に早く飛び出さないといけなくなります。そのタイミングが「相手後衛がラケットを振り始めたとき」なんですね。

ここで、ひとつの疑問が生まれます。
ストレートを抜かれる心配は無いのか?



ポーチに出るタイミング試合の中でのタイミング

ストレートを抜かれないためにも、クロスにボールが飛んでくる状況、でポーチに出ましょう。そんなのわかる分けない、と思いますか?実はわかるんですね。

テニスだけでなく、全てのスポーツにおいてセオリーというものがあります。こうなったときはこうする、などといった基本事項です。セオリーは非常に理にかなっているため、多くの人がその法則に従って行動します。そこを利用してポーチに出るのです。

クロスに来る確率が高いケースは、カウントのタイミング、ラリーのタイミングがあります。


クロスに来る確率が高いケース1(カウント)

貴方がサーバー側の前衛だったとします。40-15でリードしています。

この状況はリターンがクロスに来る確率が高いことがお分かり頂けるでしょうか?
なぜクロスに来るのか。
それは、レシーバーはポイントを握られているので、「ミスらないように慎重にクロスへ返そう」という心理が働くからです。ここで1ポイント取られたらゲームを落とすというときに、一か八かのショットを打つ人は少ないですよね。上級者ならばほとんどいません。ここでポイントを取ったところで、30-40にしかならないのに、そんな無謀なことはしないでしょう。
そこをポーチで狙うのです。


クロスに来る確率が高いケース2(ラリー)

深く鋭いショットが入った場合

コートの深いところからわざわざストレートに打ち返すことはハイリスク/ローリターンです。よって、ここでも後衛はクロスに返すことを考えます。それをポーチに出ることでポイントが奪えます。

ここで、動くのがばれて打つ方向を変えられてしまったらどうすればいいのか、という疑問が出てくるかと思います。
変えられないために相手が振り出してから動くのです


読みが外れてストレートを抜かれてしまったら

これは当然考えなければいけないことですよね。相手のボールの予測はあくまで予測であって、確率は低いですが予想外にストレートにきたらそれに対応しなければいけません。

前衛が抜かれてしまった場合は後衛がフォローに走ります。前衛は早めに動いているわけですから、後衛も早めにカバーすることが出来ますね。また、相手のレシーブでポーチに出ようとするときは予め「サーブがセンターに入ったらポーチに出るから」と伝えておくと良いと思います。そうすることで、後衛もフォローへの対応が早くなります。これがダブルスにおけるコンビネーションなんですね。長くコンビを組んでいると、どの状況でポーチに出るのかということがわかってきます。後衛も動きやすくなりますよね。


後衛のフォローはバスケットで言うとリバウンド

スラムダンクという漫画が一世を風靡しました。主人公はリバウンドが大変強い1年生でした。

前項で挙げた、ポーチの逆をつかれたときの後衛のフォローというのは、バスケットで言うところのリバウンドになります。リバウンドは直接得点にはなりませんが、試合においては最重要の項目です。後衛のフォローが強いと前衛も積極的にポーチに出ることが出来ます。「ストレートを抜かれても後衛が取ってくれる」と思って思い切ってポーチに出ることが出来ます。結果、よく決まります。ポーチをバンバン決められたら相手後衛は打つ場所がなくなります。結果、ミスが多くなります。
このプラスの循環がペアを勝利へと導きます。隠れた技術であります「リバウンド」を大切にして頂きたいと思います。

ブログランキング参加中

PageTop

手打ちを解消する

軸を作る

手打ちを解消するのに有効なものが、肩のラインを意識することです。ストロークで重要なのが肩のラインです。ラインとは、左右の肩を直線で結ぶイメージです。待球姿勢では十分に肩を捻って構えます。目安としては、ボールの進入角度と平行になるぐらいです。この最初の捻りがパワーの源です。そして、ボールが来たら振り出します。ここで、手だけでラケットを持っていっては駄目です。肩のラインで回します。ここを意識することで、ボールの精度と威力が大分違ってきます。



腰を回す?

よく「ストロークを打つときには腰を回せ」と言われます。私も、「ボールは腰で打つんだ」とくどいほど教えられました。しかし、皆さんも経験があるのはないでしょうか。腰の回転を意識するあまり、思うようにボールが打てないという状況などを。この言葉は難しい表現で、無理して腰を回すと体のバランスが崩れてしまい、かえってマイナスの効果になります。実際は、ストロークに求められる腰の回転というのは非常に緩やかなものなので、無理に回そうとするとアンバランスになってしまうんですね。ではどのようにして腰を意識するのか。


結論から言ってしまうと、「腰を使うには後ろ足を返す」ということです。


ストロークを打つときには足が前後に配置されますよね。この後ろ足に注目です。打ち終わったときに、後ろ足の底を、真後ろにいる人が見えるようにしましょう。そうすれば、自然と腰が回転してうまくボールを打つことが出来ます。結果的に腰が回るということになります。その腰の回転につられるようにして腕を回していけば、とても綺麗なスイングが出来上がります。


ブログランキング参加中

PageTop

軸を作る

ストロークの基本は、軸を作って体を回す、ということになります。これが一番大切な事です。頭のてっぺんから地面に向かって引いた線がぶれないように打ちましょう。いけないパターンとして、打つときに体が傾いてしまうこと、後ろ足が前に出てきてしまうことです。このような動作になってしまう場合、ボールの威力や精度が大幅に低下してしまいます。例えばフォアハンドの場合は、上半身は反時計回りに回転します。試しにやっていただきたいのですが、このときに下半身も反時計回りに回ってしまうと全く力が入りません。土台のない回転は全くの無意味です。力を抜いて、体が真っ直ぐになるように保ちましょう。


軸を作って体を回すということは、全てのスポーツで大切になってきます。ボクシングでパンチを打つときや、キックの動作もそうです。野球のバッティングもそうです。スポーツ経験が豊富な方は、このストロークの感覚が掴みやすいと思います

ブログランキング参加中

PageTop

フォロースルーは前へ

体の真正面にラケットを持っていきましょう。なぜでしょうか。ボールを前に打つわけですから、ラケットスイングも出来るだけ前方にしたいですよね。ですからフォロースルーも前にするわけです。ただ、多くの方が、フォアハンドでは体の左側に、バックハンドでは体の右側に向かってフォロースルーをしてしまっています。体の側方にラケットがいくのは、一度前方にラケットを前に投げ出してから、慣性で側方にラケットがくる流れです。



フォロースルーでスイングチェック

このフォロースルーは、ご自分のスイングが綺麗に出来ているかを見極めるのに非常に大切になってきます。フォロースルーで力が抜け、綺麗に振りぬけていればスイングが綺麗になっているという証拠です。反対に、フォロースルーに力が入っていたのならば、スイングも力んでしまっているということになります。いちどご確認いただきたいと思います。



上級者のフォロースルー

スイングスピードが速くなり、ボールへの回転も鋭くかけていくと、ラケットの振り終わりが腰より下になっていきます。

回転をかけるためには下から上に振りぬかねばなりません。前方上に振りぬいたラケットは、その反動で下方向への運動を始めます。当然ですよね。上への運動エネルギーを存分に与えたわけですから。それが位置エネルギーに変わり、今度は下へ動こうとするからです。このときに、ラケットを持つ腕の力が抜けていると、ラケットに貯まったエネルギーに従って、ラケットは下へ動くわけです。

上級者の綺麗なスイングを見てみると、ラケットが下に振り抜かれている事が分かると思います。

ブログランキング参加中

PageTop

速いボールを打つ為に

球速というものは大変魅力的で、ボールスピードが速いことは試合においては相当な武器となります。割りと多くの方が、「速いボールを打つためには腕や握力の強い筋力が必要」と思っていますが、これは大きな間違いです。実際は、この辺りの筋力はほとんど要らず、ラケットを振り回せるだけの力があれば十分なのです。


ではどのようにして球速をアップさせるのでしょうか。


答えは、「筋力よりも、体の使い方をマスターする」ということです。
下半身→腰→肩→肘→手首、と力をうまく伝えるような動かし方が出来ればスイングスピードが上がりますし、ボールも速くなります。この過程の一つでも崩れると駄目です。例えば肘を突っ張ってしまったり、腰が引けてたりしてしまうと速いボールは打てません。


さて、難しくなってきましたね。力がうまく伝わる体の使い方って言われても、なかなかピンと来ませんよね。
「腰の回転を肩に伝え、肘と手首がそれに引っ張られるように・・・・」
と考えると非常に厄介なことと思われますが、これは


間接の力を抜くことで全てが実行できます。


力を抜けば、自然と理想的なフォームが形成されます。ただ、力を抜いて打つのはたくさんの練習が必要です。いかにしてリラックスしてスイングできるかを常に考えながら練習していきましょう。

ブログランキング参加中

PageTop

インパクトの形

インパクトの形で、ボールに伝わる力が決まります。是非適した形でボールを捕らえましょう。注目していただきたい点は3つです。


手のひらを真正面に向ける

ストロークによって押し出す感覚は、手のひらを正面に向ける事で得られます。ボールに対して斜めに手のひらが入ってしまうと、それだけ力が分散されてしまいますので、非常にもったいないです。



位置は踏み出した足の少し前

出来るだけ前で捕らえることによって、力強くボールを叩くことができます。ただし、体は真っ直ぐ保っていなければいけませんので、前傾しない程度に打点を前にもっていきます。前で捕らえるには、脇を締めて、前方に腕を伸ばせるような体勢を作ります。脇があいていると、腕が横方向に伸びてしまい、前で捕らえる動作とは相反してしまいます。



肘をリラックス

力を抜くことは難しいですが、とても大切な事です。インパクトの瞬間に強くボールを叩こうとすると、肘が固まって伸びきってしまう方が多くいらっしゃいます。こうなってしまうとヘッドスピードが落ち、ボールを強く叩けません。リラックスして振ることで素早く振り抜けます。



手首とラケットで90度の角度を作る

手首を下に曲げ、ラケットと手首が90度になるぐらい曲げます。この形が一番力が入る強い形態です。

ブログランキング参加中

PageTop

上半身の使い方

グリップ

フォアハンドはセミウエスタングリップで握るのが一般的です。ただし、これは人の好みで、どのグリップでないといけないというのはありません。グリップは主にボールの回転量に関わってきますので、ご自身のプレースタイルや打ちたいボールの種類によってグリップを決めていきましょう。回転量は、



ウエスタン>セミウエスタン>イースタン>コンチンンネンタル

のような不等号になります。


左手を使う

私が中学生のとき、「先輩の左手の使い方を見ろ」とか「右手よりも左手のほうが重要なんだ」などと言われました。テニスをやる上では、この左手の使い方というのはとても重要です。
なぜ左手が重要なのか。以下に2点明記します。


体のバランスを取る

フォアハンドストロークを例に取ります。右手はラケットのテイクバックのために体の後ろに広げます。ここで、左手を使わないとバランスが悪くなってしまいますよね。いい姿勢を保つには、右手が後方に触れる分だけ左手も前方に出さなければいけません。これでバランスを取って、良い姿勢が出来ます。


胸を張る

テニス雑誌では、よくプロ選手の連続写真が掲載されています。インパクトの瞬間に注目してください。全員がはと胸になっています。ストロークを打つときには胸を張ることが大切です。しかし、左手が体の近くにあると、胸が閉じた状態になって非常に小さなスイングになってしまいます。それを防ぐために、左手を前に出して胸を張って構えるようにしましょう。

ブログランキング参加中

PageTop

オープンスタンスの魅力

プロの試合を見ていると、フォアハンドストロークはほとんどがオープンスタンスでさばいています。オープンスタンスは習得に時間を要しますが、身につけることが出来たら大きな武器となります。下にオープンスタンスの利点を記します。

速い試合展開に対応できる
強烈なスピンの効いた力強いボールが打てる


オープンスタンスの足の使い方を見てください。これは、スクエアスタンスと比べますと、最後の左足の踏み込みが無い形になっています。当然この分だけボールに対する準備が早くなります。スクエアですと、「後ろ足をボールの軌道上に入れて左足を踏み込んで・・・」というステップを踏まなければいけないところを、「後ろ足をボールの軌道上に入れて・・・」のこの段階で準備完了なのです。ものすごいスピードボールの応酬であるプロの試合でオープンスタンスばかりなのも頷けますよね。


肩のラインに注目いただきたいと思います。振りはじめはスクエア・オープンともに一緒ですね(ボールの進入角と同様)。しかし振り終わりを見てみると、肩のラインの位置が全然違うことに気づくと思います。スクエアは左足が前方にあるため、体は真正面を向いた状態以上は左へ回りません。回転量は90度です。しかし、オープンでは前方に左足がありません。ここぞとばかりに体を回せるわけです。肩のラインを見てみると、振り始めから比較して180度弱回転します。ここにパワーの違いが生まれます。このパワーはスピードというよりも、主に回転に還元されます。


なぜ回転量にパワーがいくのか

スイングの性質が違うからです。スクエアスタンスでのスイングは前方への楕円運動です。ボールを押し出す感覚で打ちます。これに対してオープンでは前への踏み込みが無いため、スイングが円運動になります。このスイングの性質の違いにより、オープンでは回転をかけやすくなるのです。

ブログランキング参加中

PageTop

テイクバック→インパクト

テイクバック

両手で引く場合は窮屈になりがちですね。窮屈になっている方は、後ろにある左の肘が前に来すぎていることが多いです。この肘のポジションを、体の側面になるポジションに配置しましょう。そうすることで、腕がとてもリラックスできます。

なぜこのポジションなのでしょうか。それは、一番自然な形だからですね。普段静態しているときの自然体がこのポジションですよね。体の横に肘がある。自然体が一番リラックスできますので、このポジションをテイクバック時にも取るわけです。



インパクト

両肩・両肘・手首。この5点の位置を考えた場合、インパクトの形は2種類になります。5点で5角形を作る打ち方,両肩と手首で3角形を作る打ち方です。現在の主流は、五角形になる打ち方です。この方がパワーを伝えやすいのです。よく「左手のフォアハンドに右手を添える」というように表現されます。5角形になることが、この言葉を一番体現できるのです。


逆に3角形はと言いますと、これは「右手のバックハンドに左手を添える」イメージになります。片手バックハンドからの転向組にとっては打ちやすい形ですが、パワーは若干劣ります。

ブログランキング参加中

PageTop

下半身の使い方

ローボレーなどの練習時に「ひざを曲げて打ちましょう」と言われたことがあると思います。これは正しいのですが、もっと正確に言えば「後ろのひざを曲げて打ちましょう」ということになります。


ボレーを打つときのイメージで大切なことは「ラケットをボールの下に入れる」ということです。このようなイメージを持つことで、自然とバックスピンの効いた良いボールを打つことが可能となります。これは特にローボレーのときに重要になります。そしてこのイメージを実現させる具体的な動作が、「後ろのひざを曲げる」ということになります。ここで前のひざまで深々と曲げてしまうと逆に前のめりになってしまって、上から切り込んでしまうことになってしまいます。前のひざはほどほどに曲げて、後ろのひざをしっかりと曲げましょう

ブログランキング参加中

PageTop

上半身の使い方

ストロークでは肩のラインを回して打ちました。しかし、ボレーでは左の肩で壁を作ってボールを迎え入れましょう。こうすることでラケット面が安定し、壁のようなボレーが可能になります。


肩を回すとラケットが不安定になるわけ

この不安定というのは、面が固定しづらいということを意味します。ボレーでは、速いボールに対応する為、出来るだけラケット面を打ちたい方向に向けて押し出したいのです。しかし、ここで肩を回してしまうとラケット面を打ちたい方向に向け続けることが出来ません。肩が回っているため、ラケットもそれにつられて回ってしまうからです。振り出しと振り終わりでは、全く異なった方向にラケットが向いていることになります。


ストロークはこれでもいいのです。ワンバウンドして、余裕を持ってボールを捕らえる為、肩を捻って強いボールを打つことを優先します。(ストロークでも守りのロブなどは肩を固定して面を作って打ちます)


しかし、ボレーでは速いボールに対応する為に面を固定して打たなければいけないのです。



肘は右のわき腹の前

フォアボレーのときの肘のポジションを確認しましょう。ボレーの時は少し横を向いて構えます。このときにラケットを持つ腕の肘はどこにあるでしょうか。体から離れた後方にあっては駄目です。その肘を少し前に持ってきましょう。目安は右のわき腹の前です。少し窮屈な感じですか?そうです。この体制は慣れないと窮屈だと思います。しかし、これぐらい肘を前に持ってきますと、自然とラケットが後方へ倒れて上向きの面が作られます。これでボレーのセットは万全です。

この肘がストロークのときのように、体の後ろにあると、これまたストロークの時のようなラケットの出方になってしまいます。徐々に直していきましょう。



ヘッドから切り込まない

バックボレーの苦手な方は、ヘッドが半円を描くほど回ってしまっていることがあります。どのようなことかと言いますと、構えたときにはヘッドが上を向いているのですが、打ち終わったときにはヘッドが真下に向いていることを言います。これは、手首でラケットを無理に使ってしまっている結果です。こうなってしまいますと、面が安定せずコントロールが付かなくなります。また、前への力も下に分散されてしまうため、威力の低下も招きます。


初めにラケットヘッドを上に向けてセットしたら、そのままの手首の形でボールを捕らえましょう。変に手首を使ってしまわないように注意しましょう。


PageTop

誰でも悩むボレーのグリップ

「ボレーのグリップは薄く握りましょう」


スクールのコーチに何度も言われた経験があるかと思います。その場では薄く握り直すのですが、しばらくボレーを打っていると再び元の厚いグリップに戻ってしまう

このような経験はかなり多くの方がされていると思います。頭では分かっているのに体が言うことを聞かない。


なぜ、こんなグリップを少し変えるだけのことが難しいのでしょうか?


答えは簡単です。

厚いグリップが、現在の貴方の面の使い方に適しているからです

適している為、薄く変えようとしてもすぐに戻ってしまいます。厚いほうが今の面の使い方に適しているのですから。


グリップは面の出し方に密接に関係しています。厚いグリップな為、コーチからよく注意される方。インパクト時のラケット面が地面と垂直(要するにストロークの面)になっていませんか?この面の出し方だと厚いグリップが適しているので、一時的にグリップ補正をしてもすぐに戻ってしまいます。



では、どのようにしたら薄いグリップに適したラケット面になるのか?

少し上向きの面でインパクトしましょう。これがボレーの難しいところです。ストロークは地面と垂直の、いわゆるフラットの面でボールを捕らえましたね。しかしボレーはその面が上向きます。およそ45度上に面を開いてボールを捕らえる感覚です。この面の使い方に一番適したグリップが薄いグリップなのです



なぜ上向きの面に適したグリップが薄いグリップなのか。

ストロークのときの手首の形とボレーのときの手首の形を思い浮かべていただきたいと思います。どちらも面の出し方は違っていますが、手首の形は同じだということに気づくと思います。手のひらを真上に受けて腕を前に伸ばし、そこから手首を下に曲げた状態です。この手首の形は、手首がコックされた状態、と言いまして、非常に力強い形なのです。この力強い手首の形で打つ為に、ストロークとボレーではグリップを変えるんですね。
試しに、ストロークのグリップのままボレーの上向きの面を作ってみてください。手の甲の辺りが丸まってしまって、コックされた状態とは程遠い形になってしまいますね。



では、なぜボレーは上向きの面でボールを捕らえなければいけないのでしょう?

最小限の動作で相手コートにボールを運ぶためです。上向きの面で捕らえることにより、スイングしなくてもボールを上に上げることができるのです。

これがストロークと同じフラットの面で捕らえたとしたらどうなるでしょうか。面が上を向いていない為、ボールを上に上げる為には上方へスイングしなければいけなくなります。これがいわゆる「ボレーのときに振ってしまっている」という動作になります。このような打ち方になってしまいますと、展開が速くなる試合ではついていけませんし、ローボレーなどは絶対に出来ません。
ブログランキング参加中

PageTop

体の使い方

体のそりを使いすぎない

サーブを打つときに、ひざを思いっきり曲げたり、苦しいぐらいに体を後ろにそらしている方を見受けます。実際プロ選手はそのような体の使い方をしているわけですので、その試みは素晴らしいことだと思います。しかし、そのような方のほとんどが、「ひざの曲げ伸ばしや体のそりが活かせていない」状況です。そういった方達に、「一度ひざを曲げないで打ってみましょう」と声を掛けてみると、それまで以上の威力のあるボールを打たれます。


これは、そういった体の使い方が上手くいっていなかったということです。ひざを曲げないほうが、より自然な形のために早いボールが打てるようになったのです。このような自然な形が完璧にできてから、ひざや体のそりを使って威力を高めていきましょう。


ひざや体のそりを使う前に、基本的なボールを投げるような体の使い方を覚えるほうが先ということになります



体は前に倒さない

サーブを打ち終わった形を思い浮かべてください。状態がキチンと起きていますか?サーブで力が入らない原因の一つに、スイングと同時に状態が前へ折れ曲がってしまうことが挙げられます。これは、「軸の無いスイング」ということになってしまい、威力が激減してしまいます。本人はかなり強く振っているつもりでも、この振り方ではヘッドスピードが上がりません。体の芯をしっかり作って、それを土台として腕を回していきましょう

ブログランキング参加中

PageTop

腕の使い方

左手はお腹の中に

スマッシュのときに、うまく体を使う為に左手を利用しましょう。多くの方が、「構えたときに左手を高く掲げろ」と教えられたと思います。これは、体を横に向かせる為で正しいのですが、ここからの使い方が、人によってかなりバラつきがあるように思います。

せっかく綺麗に高く構えても、そこから無造作に左手を使ってしまったのでは非常にもったいないです。

では、どのように使うのか。

スイングと同時に、高く上げられた左手をおなかの中にたたみこみましょう。そうすると、横向きだった体が自然と90度回転して、体の捻りを使ったフォームになります。


肘は高すぎず低すぎず

スマッシュやサーブは、ボールを投げる動作と全く同じ体の使い方をします。このことを念頭においてフォームを考えましょう。


「肘を高くセットしろ」と言われます。スマッシュやサーブは、肘を支点として腕を上下に回転させるわけですから、肘を高くセットしたほうが大きなスイングが可能になるわけです。しかし、あまりにも高くセットしすぎてはいけません。プロ野球投手のリリースポイントの写真を思い浮かべて頂きたいと思います。肘は肩と同じ程度の位置にあり、なおかつ少し曲がっていますよね。ここが大切です。


サーブやスマッシュもインパクトの瞬間は、肘は曲がっているのです。


肩と同じ位置です。多くの方が、インパクトの瞬間に肘を思いっきり伸ばそうとしています。しかしよく考えていただきたいと思います。思いっきり肘を伸ばした状態でボールを投げることが出来ますか?投げることは出来ても、普段の投力とはほど遠いパフォーマンスしか出せないでしょう。
もし今、スマッシュの威力が出なくて悩まれている方がいらっしゃいましたら、少し肘を下げて打ってみてください。必ず今までよりも打ちやすくなるはずです。


ちなみに、プロテニス選手の連続写真でも肘は曲がっています。一見伸びているように見えるのは、肩のラインが思いっきり傾いているからです。プロぐらいになると、とても強く体を捻って打ちますので、インパクトの瞬間に肩が地面と直角近くまで傾きます。
ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。