雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手打ちを解消する

軸を作る

手打ちを解消するのに有効なものが、肩のラインを意識することです。ストロークで重要なのが肩のラインです。ラインとは、左右の肩を直線で結ぶイメージです。待球姿勢では十分に肩を捻って構えます。目安としては、ボールの進入角度と平行になるぐらいです。この最初の捻りがパワーの源です。そして、ボールが来たら振り出します。ここで、手だけでラケットを持っていっては駄目です。肩のラインで回します。ここを意識することで、ボールの精度と威力が大分違ってきます。



腰を回す?

よく「ストロークを打つときには腰を回せ」と言われます。私も、「ボールは腰で打つんだ」とくどいほど教えられました。しかし、皆さんも経験があるのはないでしょうか。腰の回転を意識するあまり、思うようにボールが打てないという状況などを。この言葉は難しい表現で、無理して腰を回すと体のバランスが崩れてしまい、かえってマイナスの効果になります。実際は、ストロークに求められる腰の回転というのは非常に緩やかなものなので、無理に回そうとするとアンバランスになってしまうんですね。ではどのようにして腰を意識するのか。


結論から言ってしまうと、「腰を使うには後ろ足を返す」ということです。


ストロークを打つときには足が前後に配置されますよね。この後ろ足に注目です。打ち終わったときに、後ろ足の底を、真後ろにいる人が見えるようにしましょう。そうすれば、自然と腰が回転してうまくボールを打つことが出来ます。結果的に腰が回るということになります。その腰の回転につられるようにして腕を回していけば、とても綺麗なスイングが出来上がります。


ブログランキング参加中

スポンサーサイト

PageTop

軸を作る

ストロークの基本は、軸を作って体を回す、ということになります。これが一番大切な事です。頭のてっぺんから地面に向かって引いた線がぶれないように打ちましょう。いけないパターンとして、打つときに体が傾いてしまうこと、後ろ足が前に出てきてしまうことです。このような動作になってしまう場合、ボールの威力や精度が大幅に低下してしまいます。例えばフォアハンドの場合は、上半身は反時計回りに回転します。試しにやっていただきたいのですが、このときに下半身も反時計回りに回ってしまうと全く力が入りません。土台のない回転は全くの無意味です。力を抜いて、体が真っ直ぐになるように保ちましょう。


軸を作って体を回すということは、全てのスポーツで大切になってきます。ボクシングでパンチを打つときや、キックの動作もそうです。野球のバッティングもそうです。スポーツ経験が豊富な方は、このストロークの感覚が掴みやすいと思います

ブログランキング参加中

PageTop

フォロースルーは前へ

体の真正面にラケットを持っていきましょう。なぜでしょうか。ボールを前に打つわけですから、ラケットスイングも出来るだけ前方にしたいですよね。ですからフォロースルーも前にするわけです。ただ、多くの方が、フォアハンドでは体の左側に、バックハンドでは体の右側に向かってフォロースルーをしてしまっています。体の側方にラケットがいくのは、一度前方にラケットを前に投げ出してから、慣性で側方にラケットがくる流れです。



フォロースルーでスイングチェック

このフォロースルーは、ご自分のスイングが綺麗に出来ているかを見極めるのに非常に大切になってきます。フォロースルーで力が抜け、綺麗に振りぬけていればスイングが綺麗になっているという証拠です。反対に、フォロースルーに力が入っていたのならば、スイングも力んでしまっているということになります。いちどご確認いただきたいと思います。



上級者のフォロースルー

スイングスピードが速くなり、ボールへの回転も鋭くかけていくと、ラケットの振り終わりが腰より下になっていきます。

回転をかけるためには下から上に振りぬかねばなりません。前方上に振りぬいたラケットは、その反動で下方向への運動を始めます。当然ですよね。上への運動エネルギーを存分に与えたわけですから。それが位置エネルギーに変わり、今度は下へ動こうとするからです。このときに、ラケットを持つ腕の力が抜けていると、ラケットに貯まったエネルギーに従って、ラケットは下へ動くわけです。

上級者の綺麗なスイングを見てみると、ラケットが下に振り抜かれている事が分かると思います。

ブログランキング参加中

PageTop

速いボールを打つ為に

球速というものは大変魅力的で、ボールスピードが速いことは試合においては相当な武器となります。割りと多くの方が、「速いボールを打つためには腕や握力の強い筋力が必要」と思っていますが、これは大きな間違いです。実際は、この辺りの筋力はほとんど要らず、ラケットを振り回せるだけの力があれば十分なのです。


ではどのようにして球速をアップさせるのでしょうか。


答えは、「筋力よりも、体の使い方をマスターする」ということです。
下半身→腰→肩→肘→手首、と力をうまく伝えるような動かし方が出来ればスイングスピードが上がりますし、ボールも速くなります。この過程の一つでも崩れると駄目です。例えば肘を突っ張ってしまったり、腰が引けてたりしてしまうと速いボールは打てません。


さて、難しくなってきましたね。力がうまく伝わる体の使い方って言われても、なかなかピンと来ませんよね。
「腰の回転を肩に伝え、肘と手首がそれに引っ張られるように・・・・」
と考えると非常に厄介なことと思われますが、これは


間接の力を抜くことで全てが実行できます。


力を抜けば、自然と理想的なフォームが形成されます。ただ、力を抜いて打つのはたくさんの練習が必要です。いかにしてリラックスしてスイングできるかを常に考えながら練習していきましょう。

ブログランキング参加中

PageTop

面を作ってテイクバック

テイクバックは、ラケットスピードを上げるために行うのですが、ただラケットを後ろに引いているだけの方は大分損をしています。テイクバックの注意点は以下の通りになります。

ラケット面を作って引く
力まない


ラケット面を作る

なんとなく腕を後ろに引いているだけの人に注意してもらいたいのが、ラケット面を作った状態で引く、ということです。ラケット面を作るとはどういうことなのでしょうか。これは、ボールを捕らえるインパクトの形を作って引くということです。皆さんそれぞれ、インパクトをするときの手首の形があると思います。ラケットを引いた時に、既にその形が作られているように意識しておきましょう。この形が出来ていないと、ラケットをスイングする段階で、面のブレが生じるなど、マイナスの要因になってしまいます。特に、ボールが上や横にボンボン飛んでいってしまう方は、ご自分のテイクバックの形を見直してみましょ


ただし、上級者の方には、テイクバック中にはあえて手首を脱力して、インパクトの形を作らない方がいます。こういった方々は、スイングの最中に手首を形作ってくるのです。リラックスという観点から見れば、非常に理にかなっていますが、習得と言う点で難しいものがあるので、超上級者以外にはお奨めできません。


力まない

スクールでフォームのチェックをするときに、生徒の方にテイクバックの姿勢を取っていただきます。この時に、物凄いガチガチに手首を固められている方が多くいらっしゃいます。これは初心者の方は誰もが通る道です。慣れていない動作は、どうしても力が入ってしまいますからね。
力んでしまうとなぜいけないのか。これは、ラケット面でボールを弾いてしまうからなんですね。面でボールを運ぶことが出来ない為、コントロールの低下、回転量の減少などといった悪影響が出てきます。力まないためには反復練習が必要です。ラケットを引く動作を脳に記憶させ、力を抜いて動かせるようにしましょう
ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。