雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボールを渡すときのマナー

テニスには、ボールを渡すときにも独特のルールがあります。以前、私が所属していたサークルで、このボールの渡し方を知らない者が先輩に対してラケットでボールを渡してしまい、その先輩が不快な思いをしたということがありました。その後輩には全く悪気は無かったのですが、テニス独自のマナーを知らなかったことで結果的に損をしてしまったということになります。これは試合に出ない人でも、回りと円滑に練習を進めていく上では必ずや知っておかなければいけないルールとなります
このマナーは、渡したい相手との距離によってその動作が異なり、具体的には以下の通りになります。


・とても近い時(隣り合っている時など)
直接手渡し

・近い時(歩いて数秒の距離)
手投げでワンバウンドさせて渡す

・遠い時(10m以上)
オーバーハンドでワンバウンドさせて渡す

・かなり遠い時(ベースライン同士)
ラケット出しでワンバウンドさせて渡す


全て、相手の胸元のとりやすいところへコントロールします。

いずれの場合も、「ボール行きます」と一声掛けてから渡すようにしましょう。


試合中など、サーバーに2球渡すときに気をつけねばならないことがあります。例えば、サーバー側の前衛が1球、レシーバー側の後衛が1球持っていたとしましょう。2人が同時にボールを渡したらサーバーの人は困ってしまいますよね。このような時は、遠い方から先にボールを渡しましょう。そして次に近い前衛の人がボールを渡します。そうすることでうまく渡すことが出来ます。

スポンサーサイト

PageTop

試合でのマナー

トスは出来るだけ率先してラケットを回す


「お願いしますと」大きな声で

試合の相手をしてもらうわけですから、挨拶は相手に分かる声でしっかりと伝えましょう。


明らかにフォルトの打球は、軽くネットに掛けるように

フォルトなのに、相手コートに向かってハードヒットすると、挑発行為と受け取られかねません。


コートチェンジのとき

ネット際で相手とすれ違うときは、相手を優先させるようにしましょう。

PageTop

練習中のマナー

ラリーの最初に「お願いします」と声をかける

挨拶と同じですね。ラリーの開始には自然と「おねがいします」と声が出るようにしましょう。目上の方とラリーをするときには会釈も軽くしましょう。


ラリーの1球目はフォアハンドへ

始めは相手がその場でフォアハンドを打てるような位置にボールを出しましょう。いきなり厳しいボールやバックハンドに球を出すのは控えたほうがいいでしょう。もしいってしまったら「すいません」と一言言っておきましょう。


いきなり強打はしない

試合ではありませんので、練習中のラリーはゆっくりとしたボールから始めましょう。体が温まっていないときにいきなり強打をすると故障の原因にもなりかねません。お互いがゆっくりと打ち、体の温まりと共に徐々にボールスピードを上げていきましょう。


ネット際のボールは自分で拾う

自分のコート内のボールはもちろん、ネット際にある相手コートのボールも出来ることなら拾うつもりでいましょう。そうすることでお互いが気持ちよくラリーをすることが出来ます。


隣のコートにボールがいってしまった場合

ボールが入ってきた側
試合中ならば審判のストップがかかるまで続けます。練習中ならば、ラリーを止めてすぐさまボールを拾うようにします。


ボールを入れてしまった側
ラリーに迷惑をかけないように、ボールがどぎれるまでじっと待ちます。ラリーが途切れたら「すいません」といってすぐさまボール拾いにいきます。


ラリー中はコートを横切らない

テニスというものは、ラリー中は大変研ぎ澄まされた集中力を要します。激しいラリーであればあるほど、相手のラケット面やスイング軌道を見て、ボールの方向を一瞬で見極める必要があります。

そんなラリーの最中に、誰かが後ろを横切ったらどうなるでしょうか?人はどうしても動くものに目が行ってしまう習性があります。一瞬でも横切る人に目が行ってしまうと、再び対戦相手に視線を戻すのにも時間がかかります。また、集中力も一瞬途切れてしまうかもしれません。特に試合中は、コートを横切ることは絶対にしないようにしましょう。練習のラリーであれば、そこまで気を使うことは必要ありませんが、なるべくならそういったことを配慮しておきましょう。

PageTop

ポイントの呼び方

ポイントの呼び方

テニスでは、1ポイント、1ゲーム、1セットを基準として試合が進められます。基本的には、ポイントを4つ取ると1ゲーム取得、ゲームを6つ取ると1セット取得となります。しかし、テニスにおいては、1ポイント、2ポイント・・・というようにはカウントしません。ポイントは、以下のように数えていきます。

0:ラブ
15:フィフティーン
30:サーティ
40:フォーティ

というようになります。
ちょっと特殊ですよね。これは、時計の1週を1ゲームに見立ててカウントしているという説が有力です。0分に始まって、時計を四等分したら15分、30分、45分(←!?)となりますよね。最後の45分の所だけがフォーティとなっているのは、フォーティーファイブだと言い辛いから短縮されたと言われています。


カウント方法

サーバー側のポイントを先に呼び、次にレシーバー側のポイントを呼びます。例えば、サーバー側のポイントが15、レシーバー側のポイントが30だったら、フィフティーンサーティとなります。これは特に問題ないかと思います。気を付けるのが両者のポイントが同じときで、このときはオールという呼び方をします。例えば、15同士ならば、フィフティーンオールとします。これもまた例外があり、40-40のときは、デュースと呼びます。

デュース以降は、リードした側にアドバンテージを付けて、アドバンテージサーバーなどと呼びます。

ブログランキング参加中

PageTop

タイブレーク

テニスの試合でややこしいのはこのタイブレークです。かなりの上級者でも。実際にお目にかかる機会は少ないので、詳しく知らない人が多いかと思います。ポイントの数え方から勝敗決定事由まで詳しく述べていきます。


タイブレークになる条件

両者のゲームカウントが本来取るべきスコア(6対6)になった場合に行います。よって、よほど実力の拮抗した試合でないとなかなかお目にかかることが出来ません。


ポイントの数え方

通常ゲームのような15刻みの方式ではなく、1ポイント2ポイントといったように数えます。0はラブではなくて「ゼロ」です。


12ポイントタイブレーク

現在、タイブレークと言ったらほとんどがこの12ポイントタイブレークになります。これは簡単言うと、7ポイント取ったら勝ちというものです。6-6になったら2ポイント差が付くまで延々と続けられます。


コートチェンジ

両者の取得ポイントが合計6ポイントになったらコートチェンジを行います。例えば、2-4、3-3、などの場合です。


サーバー

第1ゲームのサーバーからサーブを打ちます。この人は1度だけ打ってサービスチェンジを行います。それ以降は2回ずつ打ってからのサービスチェンジになります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。