雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1本張りと2本張り

さて、リクエスト頂いたガットの張り方による効果の違いを書いていきます。1本張りと2本張りですね。



1本張り

張り方:縦糸を張った後、ガットを切らずにそのまま横糸を張る方法

結び目:2箇所

長所

・結び目が2箇所しかない為、張り上げた後のガットの緩みが少ない


短所

・11m以上のまとまったガットが無いと張れない



2本張り

張り方:縦糸を張った後に横糸を張っていく。横糸を上から張るのか下から張るのかによってラケットへの負担やテンション配分が変わります。

結び目:4箇所

長所

・簡単に張れる
・フレームへの負担が少ない


短所

・結び目が多い為、ガットが緩みやすい



まあ、こだわる部分はテンションの緩みについてですかね。気にする人は1本張りがいいでしょう。テンションなんて少しぐらい緩んでもいいと思う方は2本張りで十分だと思います。ちなみに、大抵のスポーツ用品店は2本張りです。反対に、プロショップやトーナメント会場では1本張りが普通です。試合に出るのなら1本張りがいいかもしれません。



張りあがりの強さ

よく、「あの店は張り上がりが硬い」などという話が話題に上がりますよね。これってどういうことを表しているかお分かりですか?まあ、この言葉そのままなのですが、これはつまり「同じポンドで張っても、店によって張り上がりが違う」ということなんです。

ガット張りを依頼するときは、ガットを引っ張るポンドで依頼しますよね。実はこのポンド、同じポンド(例えば55)で依頼したとしても、誤差を生じる要因がたくさん潜んでいるのです。下に箇条書きしたものがその要因です。


・張り手
・張り機
・ガットの種類


現在のガット張り機の種類は、コンピュータ制御式、バネ式、分銅式があります。後者ほど人の手によって張り上がりが異なってきます。また、各店舗にあるガット張り機が全て統一されたポンドを表現できるかというと・・・そうではありません。これはガット張り機に限らず、すべての器具で当てはまりますよね。メンテナンス具合や使用年数などによって劣化が生じたりするので当然です。さらに、ガットは湿度や温度によって微妙に変化をします。当然これも張りあがりに影響してきます。


このようなことが積み重なって「あの店は~」などという相対的な評価になるのです。


スポンサーサイト

PageTop

好まれるラケット

皆さんはラケットを購入するときにどのような基準で選んでいますか?これは人それぞれだと思うのですが、ある調査によると以下の結果が出ています。

ラケットを選ぶ基準

1位 ラケットの性能      42%
2位 プロ選手が使用している  25%
3位 コーチに薦められたから  8%

この1位から3位は、一見バラバラな基準に見えますが、実はこの裏には共通の事象が潜んでいます。
1位は予想通りと言いますか、それはもちろん性能が第一に試合と関係してきますので当然の結果だと思います。2位はプロモデルのラケットが人気ということですね。これは、単純にそのプロ選手のファンというわけではなく、プロ選手が使っているのだからそれだけの性能を持っているだろうという信頼があるからです。また3位の、コーチからのお薦めというのも同じです。コーチが薦めてくれたのだから、それだけ良いラケットなのだろうという思いがあるからです。


そうです。この1位から3位は表現こそ違えど、結局はラケットの性能を基準に選んでいるのです。それを自分で選ぶかコーチが選ぶかプロが選ぶかの違いです。


では、ラケットの性能は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう。


重さ

200g~330gのラケットが一般的です。重さは、ボールの威力に影響します。重いラケットほど強力なボールを打つことが出来ます。ということは、重いラケットが良いのかというと、単純にそうとも言い切れません。テニスの試合では、1球ボールを打って終わりではありません。1セットの試合でも300~1000球は打たなければいけません。これだけ振り回すとなると、重いラケットを使っていては腕が疲れて、逆にボールの威力が減退してしまいます。ラケットの重さは、ご自身の筋力と相談して決めるのが良いと思います。力のない人は。軽いラケットを素早く振りぬくことで、ボールスピードを上げるのも一つの手段です。
現在は昔に比べて軽いラケットがどんどん出てきています。これは、生産技術が向上し軽い素材でも威力のあるボールを演出することが可能となったからです


厚さ

厚ければボールが飛びやすく、薄ければ飛びにくいという性質を持っています。これはフレームの反発係数に関連しています。フレームが厚いとしなりが少なくなり、ボールにロスなく力を伝えることが出来ます。逆に薄いとラケットがしなり、接触時間が長くなってコントロールがよくなる反面、ボールの威力は落ちます。最近流行の厚ラケは、ラケットのフレームを厚くすることで、力のない人でも威力のあるボールを打つことが出来るという魔法のラケットです。力に自信がないけど早いボールを打ってみたいという方にお勧めです。

厚ラケに欠点はないのかということを良く聞かれます。特に無いと言ってもいいのですが、厳密に言いますと少々の欠点はあります。少しの力で大きく飛ぶわけですから、微調整が難しくなります。薄いラケットでは10m飛ばすために10の力を要したところを、厚ラケでは5の力で間に合うとしましょう。とすると、5mの距離を飛ばすには、薄ラケでは5の力が必要で、厚ラケでは2.5の力が必要になります。10→5にするよりも、5→2.5に調整するほうが、細かなコントロールを要求され、難易度的には「難しい」となります。

しかし、この欠点というのは普通にプレーしていたらまず実感しませんし、厚ラケの高反発というのはかなりの利点ですので、厚ラケを拒む理由にはならないと思います。


 重心

例えば300Gのラケットでも全てが均一の重さではなく、どこかしらに重心が置かれています。銃身の位置によって、トップヘビーかトップライトに分けられます。特徴としては、トップヘビーはボールに力を伝えることが出来ますが、振り抜くためには筋力が必要となります。トップライトは振り抜くことは簡単ですが、ボールのパワーは落ちます。

ブログランキング参加中

PageTop

ラケット傾向の変化

2001年ぐらいまでは、いわゆる厚ラケ、デカラケというものが勢力を伸ばしていました。こうしたラケットのほうが、緩やかなスイングでも大きく跳びますので年配者の方や初心者に好まれていたのです。しかし、近年になって、そうしたラケットの傾向に変化が出てきました。


フェイスサイズは縮小傾向

近年は、フェイスサイズ110平方インチ、フレームの厚さ28mm以上というデカラケの販売シェアが落ちているそうです。それに変わって、100平方インチ前後、厚さ25mm程度の、大きくもなく小さくもないラケットのシェアが人気を博しています。

こうした傾向は、年配者層のプレースタイルの変化に起因しています。以前は、ラケットのパワーを使って、緩やかなスイングで当てて返すのが一般的であったのですが、近年はシニア層のレベルも上がり、よりパワフルなスイングで返す為に、少し小さめのラケットを使うようになったのです。かといって、ラケット面の小さい本格的な選手向けラケットでは少々打ちづらいので、100平方インチ程度の中間的なラケットの人気が上がってきているのです。

厚ラケ・デカラケがの人気急上は止まることがないと思っていたのですが、やはり時代のニーズは変化していくものなんですね。


重さも重量化傾向

重さに関しても同様のことが言えます。200g代前半の超軽量ラケットが全盛を迎えていましたが、現在では前述の理由から、300g程度の、少し重いラケットが好まれるようになってきました。これもやはり、重いラケットの利点が見直された結果であります。

PageTop

振動吸収性の重要性

テニスは世界的に認められた生涯スポーツです。テニス歴を聞くと、30年前からやっていた、などと言う方も全く珍しくありません。そのように、継続して取り組み続けられることが魅力のひとつでありますが、体に故障がある状態ではさすがのテニスも継続することは不可能となります。テニスにおいての故障では、テニスエルボーと言われるテニス独特の肘の故障が最も多く、最も怖いものとなっています。こうしたテニスエルボーを防ぐ為に、ラケットの振動吸収性を重視していきましょう。特に初心者の方は、肘を保護する筋肉は少ないでしょうし、ラケット選びの段階で注意していく必要があります。


テニスエルボーの原因

テニスエルボーは、肘を保護する筋肉の炎症です。筋肉の限界を超えた力が恒常的に与え続けられると発症すると言われております。肘の筋肉にかかる負担は、衝撃と振動の2つに分けられます。衝撃は、ラケットがボールに当たった瞬間の力で、振動はラケットとボールが当たった直後0.2秒間続く力を言います。主に、振動のほうがテニスエルボーに大きく影響していると言われています


ラケットの振動吸収性

厚ラケと呼ばれるラケットの欠点がここで出てきます。厚ラケは、プレーする上では大変有難い代物ですが、その反発係数の高さから肘への負担が大きくなっています。厚ラケの打球音を聞いてみると、他のラケットに比べて甲高い音が鳴り響き、いかにも肘への負担が大きいという状況です。


振動吸収性のあるラケットと言うのは、振動を吸収するわけでから、反発係数の少ないラケットです。しかしこれは、ボールを飛ばすというラケット本来の目的に反している為、なかなか難しい問題になっているんですね。今後のラケット製造は、単なるプレーにおいての優越性だけでなく、体に優しい面を持ち合わせたラケットの開発が重点的に進められていくと思います。
ブログランキング参加中


PageTop

ガットの基礎知識

ガットの種類


モノ:単一構造
→糸状が太いので、耐久性に優れる。ハードヒッター向け

モノフィラメント:単一芯のモノに皮糸を組み合わせる
→高い反発力と、高度な耐久性を持ち合わせる。もっともポピュラーなシンセティックストリング。

マルチフィラメント:1000本以上の細いフィラメントを組み合わせる
→ナチュラルガットを参考にした構造のため、マイルドな打球感を得ることが出来る。プレイアビリティ、衝撃吸収性に優れる。耐久性は、モノタイプより劣るが、性能持続期間はやや長い。

モノ&マルチフィラメント:モノとマルチを組み合わせる
→モノとマルチのいいところを併せ持つ。

ナチュラルガット
牛や羊の腸 牛や羊などの動物の腸(ガット)から作られたストリングス。1000種類を超えるシンセティックストリングスが販売されているが、ナチュラルのフィーリングが最高というプレイヤーは多い。パワー、コントロール性、ともに優れるが、湿気に弱く、価格も高め。


ガットの太さ

細いガットは反発力が増し、ボールの伸びも良くなります。サーブ&ボレーやー向きのガットと言えます。また、食いつきがよく、スピンをかけやすい事も特徴のひとつです。

太いガットは、耐久性が高く、打球のホールド感に優れるため、安定したボールを打つことが可能です。グランドストロークで勝負したい人向けです。


ガットのテンション

低いテンションで張ると、ボールを遠くへ飛ばしやすくなります。また、食いつきが良くなるため、非常にスピンをかけやすくなります。

高いテンションで張ると、ボールを押し出す力を抑制し、飛びすぎを防ぎます。

ブログランキング参加中

PageTop

ガットの張替え時期

ガットは切れるまで替えないという方が多いと思いますが、切れなくてもガットの性能は徐々に下がっていきます。出来ることならば、3ヶ月以内に張り替えるほうがいいでしょう。


ガット劣化のサイン

● ボールの飛びが悪くなったとき。
● 打球音が鈍くなったとき。
● 打球感がいつもより硬いと感じたとき。
● 縦横のガットが重なる部分にくぼみができたとき。
● ガットに変色、退色がみえたとき。


ガットを長持ちさせる上での注意事項

● 汗などで濡れたらすぐに拭き取る。
● 直接日光の当たる所に長時間置かない。
● 水に濡らさない。
● 乾燥しやすい冬は室内、梅雨は風通しの良い場所で保管。

ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。