雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

体の使い方

体のそりを使いすぎない

サーブを打つときに、ひざを思いっきり曲げたり、苦しいぐらいに体を後ろにそらしている方を見受けます。実際プロ選手はそのような体の使い方をしているわけですので、その試みは素晴らしいことだと思います。しかし、そのような方のほとんどが、「ひざの曲げ伸ばしや体のそりが活かせていない」状況です。そういった方達に、「一度ひざを曲げないで打ってみましょう」と声を掛けてみると、それまで以上の威力のあるボールを打たれます。


これは、そういった体の使い方が上手くいっていなかったということです。ひざを曲げないほうが、より自然な形のために早いボールが打てるようになったのです。このような自然な形が完璧にできてから、ひざや体のそりを使って威力を高めていきましょう。


ひざや体のそりを使う前に、基本的なボールを投げるような体の使い方を覚えるほうが先ということになります



体は前に倒さない

サーブを打ち終わった形を思い浮かべてください。状態がキチンと起きていますか?サーブで力が入らない原因の一つに、スイングと同時に状態が前へ折れ曲がってしまうことが挙げられます。これは、「軸の無いスイング」ということになってしまい、威力が激減してしまいます。本人はかなり強く振っているつもりでも、この振り方ではヘッドスピードが上がりません。体の芯をしっかり作って、それを土台として腕を回していきましょう

ブログランキング参加中

スポンサーサイト

PageTop

腕の使い方

左手はお腹の中に

スマッシュのときに、うまく体を使う為に左手を利用しましょう。多くの方が、「構えたときに左手を高く掲げろ」と教えられたと思います。これは、体を横に向かせる為で正しいのですが、ここからの使い方が、人によってかなりバラつきがあるように思います。

せっかく綺麗に高く構えても、そこから無造作に左手を使ってしまったのでは非常にもったいないです。

では、どのように使うのか。

スイングと同時に、高く上げられた左手をおなかの中にたたみこみましょう。そうすると、横向きだった体が自然と90度回転して、体の捻りを使ったフォームになります。


肘は高すぎず低すぎず

スマッシュやサーブは、ボールを投げる動作と全く同じ体の使い方をします。このことを念頭においてフォームを考えましょう。


「肘を高くセットしろ」と言われます。スマッシュやサーブは、肘を支点として腕を上下に回転させるわけですから、肘を高くセットしたほうが大きなスイングが可能になるわけです。しかし、あまりにも高くセットしすぎてはいけません。プロ野球投手のリリースポイントの写真を思い浮かべて頂きたいと思います。肘は肩と同じ程度の位置にあり、なおかつ少し曲がっていますよね。ここが大切です。


サーブやスマッシュもインパクトの瞬間は、肘は曲がっているのです。


肩と同じ位置です。多くの方が、インパクトの瞬間に肘を思いっきり伸ばそうとしています。しかしよく考えていただきたいと思います。思いっきり肘を伸ばした状態でボールを投げることが出来ますか?投げることは出来ても、普段の投力とはほど遠いパフォーマンスしか出せないでしょう。
もし今、スマッシュの威力が出なくて悩まれている方がいらっしゃいましたら、少し肘を下げて打ってみてください。必ず今までよりも打ちやすくなるはずです。


ちなみに、プロテニス選手の連続写真でも肘は曲がっています。一見伸びているように見えるのは、肩のラインが思いっきり傾いているからです。プロぐらいになると、とても強く体を捻って打ちますので、インパクトの瞬間に肩が地面と直角近くまで傾きます。
ブログランキング参加中

PageTop

ラケットワーク

ラケットヘッドを背中に付ける

スマッシュやサーブの苦手な方のスイングを見ていると、頭の上でラケットが前後しているだけになっています。これでは強いボールは打てません。ラケットワークは、背中の後ろからラケットヘッドが出てくるイメージです。このようにして、スイングを大きくしていきましょう。

背中につけられたラケットをボールを投げる感覚で振り出せばOKです


インパクトは逆くの字型

ご自分のインパクトの形を確認して頂きたいと思います。この時に、ラケットが真っ直ぐ天井に向かっている人と、少し左に傾いている人に分かれると思います。どちらが正しいのかといいますと、少し左に傾いている方です。天井に真っ直ぐ向かっている打ち方は、いわゆる羽子板打ちといいまして、弱いボールしか打てません。逆に、少し傾いているインパクトの方は、リストが効いていますのでとても強いボールを打つことが出来ます。


なぜこの2つのパターンに分かれるのかといいますと、それはグリップが原因です。グランドストロークと同じ厚いグリップで打たれている方は羽子板打ちになってしまい、リストを聞かすことが出来ません。リストを聴かすためには、薄いグリップで握る必要があります

ブログランキング参加中

PageTop

スピンサーブは肩を閉じたまま打て

誰もが悩むスピンサーブの打ち方です。スピンサーブというと、ラケットを上に振り上げるイメージが強いのではないでしょうか。多くの方が上に振り上げるイメージでスピンサーブを練習されているかと思います。どうでしょうか。うまく習得できましたか?そのイメージで打っていてもトップスピンがかからず、スライス回転の弱い打球しかいかない方もいらっしゃるかと思います。


スピンサーブを打つときは、特に上へのイメージは必要ありません。逆にこれが強すぎると、スイングのバランスが崩れて弱々しいボールしか打てなくなります


ここは、スイングは今のままのイメージにしましょう。そして、スイングするときに肩を閉じたまま打ってみましょう。そして、少し打点を頭の上あたりに近づけます。こうすれば自然とスピンがかかります。
初めは逆クロスでこの感覚を養いましょう。左肩ごとサービースコートに突っ込んでいくイメージです。初めは緩やかに打って、適正な回転がかかっているかどうか確かめながら練習していきましょう。
ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。