雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

下半身の使い方

ローボレーなどの練習時に「ひざを曲げて打ちましょう」と言われたことがあると思います。これは正しいのですが、もっと正確に言えば「後ろのひざを曲げて打ちましょう」ということになります。


ボレーを打つときのイメージで大切なことは「ラケットをボールの下に入れる」ということです。このようなイメージを持つことで、自然とバックスピンの効いた良いボールを打つことが可能となります。これは特にローボレーのときに重要になります。そしてこのイメージを実現させる具体的な動作が、「後ろのひざを曲げる」ということになります。ここで前のひざまで深々と曲げてしまうと逆に前のめりになってしまって、上から切り込んでしまうことになってしまいます。前のひざはほどほどに曲げて、後ろのひざをしっかりと曲げましょう

ブログランキング参加中

スポンサーサイト

PageTop

上半身の使い方

ストロークでは肩のラインを回して打ちました。しかし、ボレーでは左の肩で壁を作ってボールを迎え入れましょう。こうすることでラケット面が安定し、壁のようなボレーが可能になります。


肩を回すとラケットが不安定になるわけ

この不安定というのは、面が固定しづらいということを意味します。ボレーでは、速いボールに対応する為、出来るだけラケット面を打ちたい方向に向けて押し出したいのです。しかし、ここで肩を回してしまうとラケット面を打ちたい方向に向け続けることが出来ません。肩が回っているため、ラケットもそれにつられて回ってしまうからです。振り出しと振り終わりでは、全く異なった方向にラケットが向いていることになります。


ストロークはこれでもいいのです。ワンバウンドして、余裕を持ってボールを捕らえる為、肩を捻って強いボールを打つことを優先します。(ストロークでも守りのロブなどは肩を固定して面を作って打ちます)


しかし、ボレーでは速いボールに対応する為に面を固定して打たなければいけないのです。



肘は右のわき腹の前

フォアボレーのときの肘のポジションを確認しましょう。ボレーの時は少し横を向いて構えます。このときにラケットを持つ腕の肘はどこにあるでしょうか。体から離れた後方にあっては駄目です。その肘を少し前に持ってきましょう。目安は右のわき腹の前です。少し窮屈な感じですか?そうです。この体制は慣れないと窮屈だと思います。しかし、これぐらい肘を前に持ってきますと、自然とラケットが後方へ倒れて上向きの面が作られます。これでボレーのセットは万全です。

この肘がストロークのときのように、体の後ろにあると、これまたストロークの時のようなラケットの出方になってしまいます。徐々に直していきましょう。



ヘッドから切り込まない

バックボレーの苦手な方は、ヘッドが半円を描くほど回ってしまっていることがあります。どのようなことかと言いますと、構えたときにはヘッドが上を向いているのですが、打ち終わったときにはヘッドが真下に向いていることを言います。これは、手首でラケットを無理に使ってしまっている結果です。こうなってしまいますと、面が安定せずコントロールが付かなくなります。また、前への力も下に分散されてしまうため、威力の低下も招きます。


初めにラケットヘッドを上に向けてセットしたら、そのままの手首の形でボールを捕らえましょう。変に手首を使ってしまわないように注意しましょう。


PageTop

誰でも悩むボレーのグリップ

「ボレーのグリップは薄く握りましょう」


スクールのコーチに何度も言われた経験があるかと思います。その場では薄く握り直すのですが、しばらくボレーを打っていると再び元の厚いグリップに戻ってしまう

このような経験はかなり多くの方がされていると思います。頭では分かっているのに体が言うことを聞かない。


なぜ、こんなグリップを少し変えるだけのことが難しいのでしょうか?


答えは簡単です。

厚いグリップが、現在の貴方の面の使い方に適しているからです

適している為、薄く変えようとしてもすぐに戻ってしまいます。厚いほうが今の面の使い方に適しているのですから。


グリップは面の出し方に密接に関係しています。厚いグリップな為、コーチからよく注意される方。インパクト時のラケット面が地面と垂直(要するにストロークの面)になっていませんか?この面の出し方だと厚いグリップが適しているので、一時的にグリップ補正をしてもすぐに戻ってしまいます。



では、どのようにしたら薄いグリップに適したラケット面になるのか?

少し上向きの面でインパクトしましょう。これがボレーの難しいところです。ストロークは地面と垂直の、いわゆるフラットの面でボールを捕らえましたね。しかしボレーはその面が上向きます。およそ45度上に面を開いてボールを捕らえる感覚です。この面の使い方に一番適したグリップが薄いグリップなのです



なぜ上向きの面に適したグリップが薄いグリップなのか。

ストロークのときの手首の形とボレーのときの手首の形を思い浮かべていただきたいと思います。どちらも面の出し方は違っていますが、手首の形は同じだということに気づくと思います。手のひらを真上に受けて腕を前に伸ばし、そこから手首を下に曲げた状態です。この手首の形は、手首がコックされた状態、と言いまして、非常に力強い形なのです。この力強い手首の形で打つ為に、ストロークとボレーではグリップを変えるんですね。
試しに、ストロークのグリップのままボレーの上向きの面を作ってみてください。手の甲の辺りが丸まってしまって、コックされた状態とは程遠い形になってしまいますね。



では、なぜボレーは上向きの面でボールを捕らえなければいけないのでしょう?

最小限の動作で相手コートにボールを運ぶためです。上向きの面で捕らえることにより、スイングしなくてもボールを上に上げることができるのです。

これがストロークと同じフラットの面で捕らえたとしたらどうなるでしょうか。面が上を向いていない為、ボールを上に上げる為には上方へスイングしなければいけなくなります。これがいわゆる「ボレーのときに振ってしまっている」という動作になります。このような打ち方になってしまいますと、展開が速くなる試合ではついていけませんし、ローボレーなどは絶対に出来ません。
ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。