雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前衛のポジション

初心者のクラスでダブルスを始める時、最初に質問が来るのがお互いのポジションについてです。一人が前、一人が後ろというポジションはわかっていと思うのですが、これ以上の細かい動きが分からないことが多いようです。レッスンでは、「前衛は前後に三角形を描きながら動きなさい」とか「ボールが頭の上を越えたらチェンジしなさい」などと教えられると思うのですが、これがなかなか体得するのが難しいのですね。


なぜでしょうか。


それは、そのように動かねばならない真意が分からないからなのです。生徒さんからの質問では「どうしてこのように前後にならなければいけないのか分からない」「どうして左右入れ替わるの?」などといったご質問が大半を占めています。受験勉強でも、理屈が分からないものはなかなか理解しづらいですよね。


ということは、そのポジションの真意を理解すれば、簡単に理想的な動きが出来るようになるのです。


前後のポジションの意味

センターを守るという基本路線

ダブルスで一番怖いのは、サイドを抜かれることではなくて、センターを抜かれることなのです。センターというのは、攻める側としては非常に有益な場所なのです。(→センターセオリー)
そこで、ダブルスをやる人は、センターを守ることを心掛けていきます。
そうすると、クロスラリーのときは、前衛がアドサイド、後衛がデュースサイドということになります。


これが逆でしたらどうなるでしょうか?


相手後衛から見た場合、センターががら空きです。非常にセンターを抜きやすい形となってしまいます。これを防ぐために、センターを潰すポジションを取るのです。


この発想で、「ボールが頭の上を越えた場合の動き」も対応できます。
ボールが頭の上を越えた場合、そのままのポジションでいると、前述のセンターががら空きのポジションになってしまいます。それではいけませんので左右のサイドをチェンジするのです。


また、この基本線は並行陣でも同様です。センターを防ぐために、2人が前にいながら少し前後にずれて位置取りをします。



前衛の動き

ラリーの最中、サービスラインより前の空間で前衛は前後に動きます。


前に行くとき
相手前衛の頭をボールが越えたとき。(相手前衛のポーチの危険性が無くなった。相手後衛のボールをポーチするため)


後ろに下がるとき
自コートにボールが落ちたとき。(味方後衛の打つ範囲を広げてやる。相手前衛のポーチに備えるため。)



ポジションの重要性

ダブルスは、ポジション取りさえしっかりすれば、自分たちよりもうまい相手にも勝ててしまいます。


私が大学生のとき、「ダブルス3本、シングルス1本」という言葉がありました。


これは、S4本、D3本の団体戦において、上記の本数を取って勝つというものでした。私たちの団体は、大会の中では中間より少し上辺りにいました。目標は上位進出ということを踏まえ、このような言葉が言われるようになりました。


上位の団体は、シングルスもダブルスも非常に強力な選手が揃っています。この言葉は、その団体に勝つ為には、ダブルス全勝を狙っていくというものでした。強力プレイヤーと戦う際には、シングルスでの番狂わせはなかなか難しいものです。しかし、ダブルスの場合、作戦やペアとのコンビネーションで、個人能力の差を逆転することが出来るのです
もちろんこれは、その場の奇策でどうにかなるといった意味ではなく、普段から作戦を練り、それに合わせた練習を入念にすることで、その差を逆転できるという意味です


スポンサーサイト

PageTop

ポーチに出よう

ポーチとは

後衛同士のクロスラリーに前衛が飛び込んでいってボレーでカットすることです。雁行陣においては最重要項目のプレーです。


ポーチの重要性

雁行陣で大切な技術だと申し上げました。それはなぜかということを解説致します。ダブルスの試合においてレベルが上がるにつれ、後衛のミスがどんどん0に近づいていきます。賢いプレイヤーはむやみにハードヒットせずにきっちりとクロスの深いところへ落としていくからです。このようなラリーが続くと、後衛同士ではなかなかポイントが決まらなくなります。となると、ポイントを取るためには、前衛がそのクロスラリーに飛び込んでいくしかないのです。前衛のポーチは、雁行人のダブルスにおいては無くてはならないものなのです。



ポーチに出るタイミング相手後衛とのタイミング

相手後衛がラケットを振り始めたときです。

え、少し早いんじゃないのか?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。これでいいのです。これが例えば、相手後衛がボールを打ってからポーチに出るとすると、クロスラリーに飛び込んでいけません。せいぜいセンター付近の球をカバーするのが精一杯です。しかしよく考えてみてください。「相手がボールを打って、それがセンター付近にきたのでカバーする」これは当たり前のことですよね。センターは前衛が守らないといけない場所です。ポーチはそうではないのです。クロスラリーに飛び込んでいくのです。そうすると必然的に早く飛び出さないといけなくなります。そのタイミングが「相手後衛がラケットを振り始めたとき」なんですね。

ここで、ひとつの疑問が生まれます。
ストレートを抜かれる心配は無いのか?



ポーチに出るタイミング試合の中でのタイミング

ストレートを抜かれないためにも、クロスにボールが飛んでくる状況、でポーチに出ましょう。そんなのわかる分けない、と思いますか?実はわかるんですね。

テニスだけでなく、全てのスポーツにおいてセオリーというものがあります。こうなったときはこうする、などといった基本事項です。セオリーは非常に理にかなっているため、多くの人がその法則に従って行動します。そこを利用してポーチに出るのです。

クロスに来る確率が高いケースは、カウントのタイミング、ラリーのタイミングがあります。


クロスに来る確率が高いケース1(カウント)

貴方がサーバー側の前衛だったとします。40-15でリードしています。

この状況はリターンがクロスに来る確率が高いことがお分かり頂けるでしょうか?
なぜクロスに来るのか。
それは、レシーバーはポイントを握られているので、「ミスらないように慎重にクロスへ返そう」という心理が働くからです。ここで1ポイント取られたらゲームを落とすというときに、一か八かのショットを打つ人は少ないですよね。上級者ならばほとんどいません。ここでポイントを取ったところで、30-40にしかならないのに、そんな無謀なことはしないでしょう。
そこをポーチで狙うのです。


クロスに来る確率が高いケース2(ラリー)

深く鋭いショットが入った場合

コートの深いところからわざわざストレートに打ち返すことはハイリスク/ローリターンです。よって、ここでも後衛はクロスに返すことを考えます。それをポーチに出ることでポイントが奪えます。

ここで、動くのがばれて打つ方向を変えられてしまったらどうすればいいのか、という疑問が出てくるかと思います。
変えられないために相手が振り出してから動くのです


読みが外れてストレートを抜かれてしまったら

これは当然考えなければいけないことですよね。相手のボールの予測はあくまで予測であって、確率は低いですが予想外にストレートにきたらそれに対応しなければいけません。

前衛が抜かれてしまった場合は後衛がフォローに走ります。前衛は早めに動いているわけですから、後衛も早めにカバーすることが出来ますね。また、相手のレシーブでポーチに出ようとするときは予め「サーブがセンターに入ったらポーチに出るから」と伝えておくと良いと思います。そうすることで、後衛もフォローへの対応が早くなります。これがダブルスにおけるコンビネーションなんですね。長くコンビを組んでいると、どの状況でポーチに出るのかということがわかってきます。後衛も動きやすくなりますよね。


後衛のフォローはバスケットで言うとリバウンド

スラムダンクという漫画が一世を風靡しました。主人公はリバウンドが大変強い1年生でした。

前項で挙げた、ポーチの逆をつかれたときの後衛のフォローというのは、バスケットで言うところのリバウンドになります。リバウンドは直接得点にはなりませんが、試合においては最重要の項目です。後衛のフォローが強いと前衛も積極的にポーチに出ることが出来ます。「ストレートを抜かれても後衛が取ってくれる」と思って思い切ってポーチに出ることが出来ます。結果、よく決まります。ポーチをバンバン決められたら相手後衛は打つ場所がなくなります。結果、ミスが多くなります。
このプラスの循環がペアを勝利へと導きます。隠れた技術であります「リバウンド」を大切にして頂きたいと思います。

ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。