雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

練習方法2

ここでは、戦略第2段階の練習方法を記していきます。まず第2段階の得点法をまとめてみましょう。

・ラリーのミスでのポイントを計算に入れない

・ドロップショットからのロブとパス

・たまに速いサーブを打って得点

こんな感じでしたね。ドロップショットからの展開を身に付けていきます。では、練習法を見ていきましょう。
練習法①・ドロップショット壁打ち
壁から跳ね返ってくるボールをライジングで捕らえて返球します。返球したボールは、壁の手前にバックスピンをかけてコントロールし、壁に当たらないようにします。距離は近距離で行います。

POINT
フォアもバックもライジングで捕らえる感覚とバックスピンをかける感覚を養います。

・グリップは薄く握る

・ヘッドを立てて少し上向きの面で捕らえる

・面の上をボールが上に転がっていく感じ

・足の運び方を身につける


練習法②・パッシングショット
1対1のラリーにおいて、アプローチされたボールをパッシングで返します。パスを打つ場所をコートの左、真ん中、右と場合に負けて練習後、フリーの状態で行います。

POINT
・回転をかけて足元に沈める感覚を養う

・左右に振られた状態からうまく切り返すことが出来るかどうか

クロスに沈むパスを身に付ける(通りやすい)

パスは上下で抜く


練習法③・ドロップからの展開

1対1のラリー。1往復した後にドロップを打ち、そこからの展開。パスやロブを駆使してポイントを取る感覚を養います。ドロップが落ちる場所を場合に分けて練習していき、その後フリーでラリー。

POINT

・速い展開のラリーでドロップを打てるか

・パスとロブの選択

・相手のフォームによるコースの予測

・一番点の取りやすいパターンの分析


練習法④・ボレーストローク

ボレーストロークを1対1でコースを指定して行います。
1:ボレーを左右交互に散らし、ストロークはセンターにコントロール
2:ストロークを左右交互に散らし、ボレーはセンターにコントロール
3:ボレーをクロスに、ストロークはそのままストレートに。バタフライ。
4:3の逆。

ラリーの中でのコントロールを強化していきます。やってみると分かるかと思うのですが、ボレストは距離が近いので、クロスに振られるとボールに追いつきません。ですので、この練習では、ボールが来る前に動きましょう。このことには疑問を抱かれる方もいらっしゃるかと思いますが、これは形の練習ですのでこれでいいのです。しかし、実戦ではボールの来る方向は決まっていませんので、このことも念頭に入れておかなければいけません。



スポンサーサイト

PageTop

シングルス練習方法

どのような練習をしたら良いのかをここで解説していきます。「勝つための戦略」でもそうでしたが、ここでは初心者がいかに短期間で勝てるようになるかということを念頭においている為、極力無駄を省き、戦略において使用する技術のみを高めていくという練習スタイルになります。


戦略・第一段階のための練習

まず、この段階のポイント取得方法をおさらいしてみましょう。

第一段階の得点源

1.相手のハードヒットによるストロークミス

2.アンダーサーブを打ち込んでのミス

3.ロブを上げてのネットプレイによるミス

4.相手のダブルフォルト


相手の速いボールを柔らかくいなしてロブを上げることが大切になってきます。これは、初心者のシングルスでは最重要課題です。ここでしっかりと見に付けておきましょう。
練習法①・ロブVS打ち込み

オールーコートにて1対1でラリーをします。この時に、片方が薄いグリップのロブのみでボールをコントロールし、もう片方はそのロブをストロークで打ち抜きます。

これは、ロブ側は速い球に追いつきロブで返す練習、ストローカー側は打ち込みやフォームのチェックなど、ストロークの総合練習となります。

POINT
ロブ側は、浅く返す、深く返す、フォアに返す、バックに返す、といった制約を加えながらやると、より正確さに磨きをかけることが出来ます。特に、浅く返す場合は相手の打ち込みが強烈に飛んできますので、それをうまく追いついてキャッチするという俊敏さも養うことが出来ます。基本中の基本の練習ですので何回も反復練習しましょう。


練習法②・ロブVSスマッシュ

1対1でロブとスマッシュのやりとりをします。慣れるまではハーフコート、慣れたらオールコートで行います。

速いスマッシュのボールに対してうまく面を作る感覚を養います。

POINT
ストロークと同様、ロブ側はわざと浅くコントロールするなどの制約を付けると良いでしょう。浅い所からのスマッシュは絶好のチャンスボールです。相手にとってはポイントを取ったも同然です。しかし、ここで1球でも拾ってロブを上げることが出来れば・・・・それは+1ポイントと同価値のロブになりますよね。

サイドに散らばるスマッシュを拾うのは大変難しいので、初めは「左右交互に振る」「左サイドしか打たない」などと、コースが分かっている状態から始めましょう。頭で分かった状態で、サイドのスマッシュを拾う感覚を養います。そして慣れたら何も制約をつけずに行いましょう。


第一段階を凌ぎきるにはこの2つの練習を完璧にこなせるようにしましょう。うまく制約をつけて、形の体得→フリーでの練習とステップアップしていくことが大切です。





PageTop

初心者のシングルス・第3段階

場合によってはここまで行かずとも試合が終わってしまいます。ここまでくるということは、よほど実力が拮抗していて、機転の利く対戦相手だと言えます。具体的には、ドロップショットからの展開を封じられることでこの第3段階までもつれ込みます。


相手の状況

ドロップショットの展開に対して対策をとってきます。その方法は2つです。1つは、ドロップショットを打たれてもしつこくステイバックする。もう一つは、ドロップショットをドロップショットで返すことです。要するに、パスかロブを打たれての失点を無くそうとするのです。初心者の段階では、前者:後者=8:2ぐらいの割合です。よって、相手のしつこいステイバックにどう対処するかがポイントです。これはなかなか難しい課題ですが、予めそうなることは分かっていますので戦略を考えていきましょう。

戦略第2段階で述べましたが、相手がミスを警戒してずっとステイバックしている状況では、ポイントを奪うのが非常に難しいです。この段階では2つの方法を用いてポイントを奪っていきます。

1.連続ドロップ
→相手がステイバックしようとするのをまた前に出します。ドロップを連続で打つのは普段ならば危険なことですが、相手が後ろに下がろうとするときに打つドロップは大変有効です

2.相手のバックにボールを入れて前へ
→ネットプレイを取り入れた唯一の戦略です。この段階に来る頃には相手のボールは相当弱っており、ポイントを決めるのには高度な技術は必要としません。バックに入れてフォアに叩き付けると決めていきましょう。また、これはプレッシャーをかけて、その後のラリーを有利に進める役割もあります。


ドロップをドロップで返された場合

初心者の試合では少ないです。なぜなら、浅く丁寧に返すには絶妙な面のタッチが必要だからです。これをやってくる相手は初心者ではなくかなりうまいと言えます。対策としてはどんなボールにでもダッシュして喰らい付き、相手に「もっと浅く返さないととられてしまう」と思わせることです。この作戦でミスを誘発させましょう。


第3段階・まとめ

・連続ドロップ

・バックにアプローチ

・ボールに喰らい付く

以上のようになります。

PageTop

初心者のシングルス・第2段階

さて、勢いのある前半を凌ぎきりましたね。ここまで来ればかなり勝利に近づきます。

相手の状況

前半で必死に拾った結果、相手はミスを多発し多くのポイントを失っていることでしょう。そしてそのことが相手に、もう少しスピードを落として打たないとミスをして負けてしまうと気づかせます。こうなるとラリーのスピードは落ち、前半よりも組みやすくなりますが、相手のミスは格段に減る為、ミス待ち作戦だけではうまくいきません


対策

ラリーの中でのストロークミスへの期待を捨てましょう。ここからは、ドロップショットで相手を前に出して、ロブかパスを打ちます。これは、私達がステイバックを維持し、相手を揺さぶることが出来る方法です。前半では相手のボールに勢いがあったため、うかつに浅いボールは出せませんでしたが、この辺りになってくると作戦の型にはめれるだけのスピードに落ちます。ロブだけでなくパスを打つ余裕も出てきます。

ドロップは、相手が拾えないような浅いボールは打ってはいけません。もちろん、そのショット自体はいいのですが、そのショットの裏には数多くのミスが生まれます。それは何としても避けたい所です。相手にわざと打たせるようなボールでいいのです。

このパターンで相当な点を稼ぐことが出来ます。うまくいけばこのまま勝利に持っていけます。

多くの試合では、初めの「打ち込みVSシコリ」という図式は見られますが、この中盤になったときに両者とも決めてに欠け、長いラリーでポイントが停滞してしまいます。こうなることを予測し、それに対応する作戦をとることで勝利に近づくことが出来ます。

また、中盤で1~3ポイントをサーブでとりたいところです。今まで、ファーストサーブは緩く入れてきました。ここで、全力でフラットサーブを打ったらどうなるでしょう?。入ったら相手はなかなか対応できないと思います。「緩いサーブがくる」と思っている相手には効果覿面です。しかし、そんな速いサーブをいきなり打ってもなかなか入らないですよね。ですので、たまーに打って1ポイント取れればいいやという気持ちで打ちましょう。場面は、30-40などで、相手のポイント&あと一ポイントでへ行こうカウントになる時が一番いいと思います。ダブルフォルトは無いので思い切っていきましょう。


中盤のまとめ

・ラリーのミスでのポイントを計算に入れない

・ドロップショットからのロブとパス

・たまに速いサーブを打って得点


第3段階

PageTop

初心者のシングルス(勝つための戦略・第1段階)

基本路線は、出来ることのみを試合に出す、ということと、相手の心境の変化を先読みし、一歩先を行く戦略をとるということです。試合を、第1段階、第2段階、第3段階の3つに分けて戦略を実行していきます。

試合を通じて常に、私達はステイバック、相手を前後に揺さぶるという戦法をとります。初心者の段階ではボレーよりもストロークが安定しているからです。


第1段階・相手に勢いがある状態

相手の状況

相手は最初、実力以上のものを出そうとしてきます。(調子とは?参照)ストロークもサービスも非常に速く、セカンドサーブもかなり思い切って打ってきます。そして、ネットにも良く出てきます。


対策

この最初が一番の難関です。速い球に振り回されて、それに対応できないと一気に畳み掛けられます。ここでは、拾うこととミスをせずに返球することを第一に考えます。私達はネットにも出ないようにします。浅い球は返球してベースラインに戻ります。これは、ネットミスによる失点を防ぐ為です。一度ゆっくり返球してベースラインに戻ることで、私達がミスをする確率が減り、相手がミスをする確率が上がります。

また、相手がネットに出てきた場合は全てロブでいいのでネットの上に打ち上げます。これは、別ページでもお話ししました「複数の選択肢」という概念に反するかと思いますが、試合序盤は相手の球が速いためこれでいいのです。無理なパスはミスを多くするだけです。スマッシュというのは十分な体勢で入っても決められない人が多く、高いロブは、初めのうちは大変有効な手段です。

前述の通り、試合序盤の相手選手の球というのは本人の実力以上のものであることが多いです。ということは、何回も打っていればかなりの確率でミスをします。ダブルフォルトも多いです。

もう一つ。私達はファーストサーブは緩く確実に入れ、セカンドサーブは初めからアンダーサーブで打ちます。かなり意外に思う方もいることでしょう。これは、ダブルフォルトのリスクを0とし、相手のミスを誘発するという役割を担っています。

私がシングルスを教えていて、または試合をしていてもったいないなと思うことはダブルフォルトです。だって、こちらが何もしなくても点を貰えるわけですから、こんな楽なことはありません。中には試合の中で5~10回もダブルフォルトをする人もいます。だったら※アンダーサーブを打って、その10失点を防げばいい訳です。簡単ですよね。しかも、アンダーサーブに関しては相手がかなり強気に出てくるため、リターンミスや前に詰めてきてのネットプレイミスで十分稼がせてもらえます。当然、リターンエースを取られる事もありますが、これは、自分のダブルフォルトが0になったことや、相手のミスにより、それ以上のポイントが得られるのでなんら問題ありません

前半の得点方法

1.相手のハードヒットによるストロークミス

2.アンダーサーブを打ち込んでのミス

3.ロブを上げてのネットプレイによるミス

4.相手のダブルフォルト

まとめるとこうなります。


※ちなみに、私が一番やってはいけないことと伝えてきたことは「試合の途中からアンダーサーブに変えること」です。これは大方、上から打つサーブが入らないからということなのですが、そのようなことは試合を始める前から把握していなければいけないことですよね。試合開始時点からアンダーサーブで打っていればそれまでの失点は防げたはずです。ですので、これほど勝利から自分を遠ざけてしまうなことは無いと思っています。

第2段階

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

初心者の為のシングルス

戦略考察ということで、初心者、主にテニス歴1~3年程度の草トーナメントに出始めた方を対象とします。シングルスは技術差が挽回しにくい種目だと書きましたが、初心者の段階では多くの人が戦略を十分練ることが出来ていない為、逆転の余地は十分あります。私はこのことがとても好きで、テニス歴の浅い人にシングルスを幾度となく教えてきました。教えていく段階で、初心者の試合パターンに共通する要素があることに気づき、それに対応する作戦をとることで勝利に近づくと考えました。初心者が中級者以上のかたにシングルスで勝利する姿は感動的なもので、その姿が見たいがために教えていました。

ここでは、初心者VS初心者もしくは、初心者VS中級者という図式の中で、初心者の方は、①.どのような戦略をとればいいのか、ということを述べた後、②.それを実行する為の練習法を解説していきます。

勝つための戦略・第1段階
第2段階
第3段階

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

ポイント取得方法を考える

貴方がシングルスの試合をするとき、どのようにポイントを取っていくか考えていますか?多くの人は大まかに自分のスタイルを考えて実行していると思います。
ひたすら拾う人、前に出る人、ストローク勝負の人。
このようなスタイルを考えるとき、ただ拾うだけ、ただ前に出るだけ、ただストロークを打つだけでは駄目です。


拾う中でどのようにポイントを取っていくか、どのようなボールのときに前に出るのか、ストロークを打つ中でどのようにポイントを取っていくのかを具体的に考えていかねばなりません。
このような自分なりのパターンが無く、ある程度レベルの高い者同士の対戦では、決め手の無いロブロブの試合展開になってしまいます。これは、うまいが為にお互いミスらないが、決め手が無いために長引いてしまう試合の典型です。こうした戦況をも打破できるような、自分だけのポイント取得方法を考えていきましょう。

ブログランキング参加中
懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

ロブロブの展開

多くの人は、試合初めの作戦は考えているかと思います。拾い続けるのか、前に出るのか、ストローク勝負なのか。当然これは自分のスタイルになるわけですから、しっかりとその作戦に向けた練習も積んでいると思います。それなりにうまい人同士の試合では、お互いがミスらずロブロブの展開になることが非常に多いです。


では、ロブロブの展開になったときにどのようにポイントを取っていくのか考えていますか?


多くの人がこのときの作戦を考えていないか、または、考えていてもそれに向けての練習をしていないことが多いです。その為に、決め手に欠け、ロブロブの展開が続けられてしまうのです。


大学時代に次のような試合を目にしました。
団体戦です。
3勝3敗で迎えたシングルス。
この試合の勝敗が事実上の勝敗決定戦となりました。

その気になるシングルスの対戦カードは、一方がオーストラリアのテニス留学から帰還した選手、もう一方は超が3つぐらい付くほどのシコラーでした。


留学選手は球のスピードが異常に速く、サーブも180kと言われていました。フォームもしっかりしていて、誰が見てもうまい選手でした。
一方シコラー選手は、それほど速い球はありませんでしたが、ボールを拾うときの面感覚が非常に優れていました。
試合前予想では、圧倒的に留学選手が有利というものでした。
団体の力としても、留学選手のいる団体はシードされており、下馬評通りに勝ち進むと思われていました。


試合序盤は、留学選手のスピードボールをシコラー選手が拾うという予想通りの展開でした。
さすがのシコラー選手もスピードボールに苦労していましたが、見事に拾い切って試合を互角か少し劣るぐらいの展開にまで持ち込んでいました。
3-2でシコラー選手がリードしたとき、実に3時間が経過していました。
この状況になったとき、ラリーの様相が変化していました。
留学選手の打つボールが序盤とは比べ物にならないぐらい遅くなったのです。
遅いなんてものではなく、ただ当てて返すだけのボールになりました。
疲れたわけでもないのに。


シングルスをある程度やったことのある人ならこの気持ちは理解できるかと思います。
これは、「打ちたくても打てない」のです。
打っても全て拾われてしまって、力で突破することは不可能だと悟ったのです。
そうなると、ミスの確率が上がるハードヒットではなく、確実に当てて返すことが第一優先事項になります。


この試合、中盤以降は全てお互いが当てて返すだけのラリーが続き、実に8時間を要すとても長い試合となりました。


気になるスコアは、6-3、7-5ということで、シコラー選手のストレート勝ちでした。
8時間もかかったのに、3セット目までいきませんでした。


シコラー選手の勝因は、当てて返すだけの試合展開をいつも想定していたこと。そして、留学選手の敗因は、力で押し切る展開しか想定していなくて、ロブロブの展開になったときのポイント取得手段がなかったことです

お互いが同じようなボールでラリーをしているように見えても、主導権を握っているのはシコラー選手のほうだったのです


この試合に関しては、誰が見ても留学選手のほうがテニス技術は高かったと思います。
しかし、普段練習していない試合展開となったため、留学選手のパフォーマンスは激減してしまったのです。
そのような展開に持ち込むことが出来たシコラー選手は、非常に経験豊富で頭のいい選手だと言えます。


シングルスの試合は、上級者ほど長いラリーが続き、結果的にロブの展開になる場合が多いです。こうなったときの練習をすることで、勝率が大分違ってきます。

懸賞|金融|ゲーム
モッピー|オークション

PageTop

シコる

シコるとは

ミスをしないで、ひたすら相手のボールを拾い続けることです。草トーナメントのシングルスにおいては最強の作戦となります。また、上級者においても相当有効な手段であることは間違いありません。マイケルチャンやアランチャサンチェスなどがプロテニス界における代表的なシコラーでした。

シコラーは、バウンドしてからボールのスピードが落ちるクレーコートではその力を最大限に発揮することが出来ます。クレーコートでの試合の多い大学テニス界においても、最も恐れられるプレイヤーです


シコることの有効性

素人レベルでは、フットワーク>打球のスピード、となるからです。かなり打球スピードに自信のある人でも、シングルスの狭いコートを突破するのは難易度の高い課題となります。例え1回2回と突破できたとしても、それに伴うミスも多くなり、結果的にポイントで負けてしまうということになります。特に、草トーナメントにおいては、打球の正確性自体に課題の残る人が多く、そのような人はいくら打球が速くても、当てて返してくるだけのおじさんに簡単に負けてしまいます。


シコり方

色々あります。面を作ってボレーのように当てて返す方法、スピンでシコる方法、スライスでシコる方法。どれも共通するのは、自分にとって100%の自信を持てる打球で返すということです。当然ですよね。決定力に欠けるボールなわけですから、自分からミスをしていたのではポイントが奪えません。

シコり方で多くのプレイヤーが選択しているのは、スピンをかけて返す方法です。強烈な順回転は、ネットミスとバックアウトを極端に減らしてくれ、バウンドしてから大きく跳ねるため、相手を深い位置まで追いやることが出来ます。また、高く跳ねるボールというのは非常に打ちづらく、特に身長の低い女子選手に対しては例えスピードが遅くても驚異的なボールとなります。以前アランチャ・サンチェス選手と対戦した伊達公子選手は、「頭の上までボールが跳ねてとても打ちづらかった」とコメントしていました。


シコラーの定義

これは非常に難しいものです。というのも、シコラーとは、絶対的なものではなくて相対的なものだからです。例えば、サンチェスがシコラーと呼ばれていました。左右に振られながらも全てのボールに食らいついていくフットワークがサンチェスをシコラーと呼ばせました。しかし、もしサンチェスが日本の草トーナメントに出場したらどうでしょうか。彼女はシコラーとは呼ばれませんよね。圧倒的な力で優勝し、左右に振られることすらないでしょう。シコラーのサンチェスがシコラーではなくなるのです。


上級者になってくるほど1球の大切さを知り、自分の中での100%のボールで返球するようになってきます。それが当たり前になってきます。その中で、フットワークが良く、ラケットコントロールのうまい選手はシコラーと呼ばれるようになります。しかし、レベルの違いでシコラーでなくなる瞬間があるのです。シコラーというのは、試合が終わってみて「結果的にその人はシコラーだった」というだけです。


ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。