雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インパクトの形

インパクトの形で、ボールに伝わる力が決まります。是非適した形でボールを捕らえましょう。注目していただきたい点は3つです。


手のひらを真正面に向ける

ストロークによって押し出す感覚は、手のひらを正面に向ける事で得られます。ボールに対して斜めに手のひらが入ってしまうと、それだけ力が分散されてしまいますので、非常にもったいないです。



位置は踏み出した足の少し前

出来るだけ前で捕らえることによって、力強くボールを叩くことができます。ただし、体は真っ直ぐ保っていなければいけませんので、前傾しない程度に打点を前にもっていきます。前で捕らえるには、脇を締めて、前方に腕を伸ばせるような体勢を作ります。脇があいていると、腕が横方向に伸びてしまい、前で捕らえる動作とは相反してしまいます。



肘をリラックス

力を抜くことは難しいですが、とても大切な事です。インパクトの瞬間に強くボールを叩こうとすると、肘が固まって伸びきってしまう方が多くいらっしゃいます。こうなってしまうとヘッドスピードが落ち、ボールを強く叩けません。リラックスして振ることで素早く振り抜けます。



手首とラケットで90度の角度を作る

手首を下に曲げ、ラケットと手首が90度になるぐらい曲げます。この形が一番力が入る強い形態です。

ブログランキング参加中

スポンサーサイト

PageTop

上半身の使い方

グリップ

フォアハンドはセミウエスタングリップで握るのが一般的です。ただし、これは人の好みで、どのグリップでないといけないというのはありません。グリップは主にボールの回転量に関わってきますので、ご自身のプレースタイルや打ちたいボールの種類によってグリップを決めていきましょう。回転量は、



ウエスタン>セミウエスタン>イースタン>コンチンンネンタル

のような不等号になります。


左手を使う

私が中学生のとき、「先輩の左手の使い方を見ろ」とか「右手よりも左手のほうが重要なんだ」などと言われました。テニスをやる上では、この左手の使い方というのはとても重要です。
なぜ左手が重要なのか。以下に2点明記します。


体のバランスを取る

フォアハンドストロークを例に取ります。右手はラケットのテイクバックのために体の後ろに広げます。ここで、左手を使わないとバランスが悪くなってしまいますよね。いい姿勢を保つには、右手が後方に触れる分だけ左手も前方に出さなければいけません。これでバランスを取って、良い姿勢が出来ます。


胸を張る

テニス雑誌では、よくプロ選手の連続写真が掲載されています。インパクトの瞬間に注目してください。全員がはと胸になっています。ストロークを打つときには胸を張ることが大切です。しかし、左手が体の近くにあると、胸が閉じた状態になって非常に小さなスイングになってしまいます。それを防ぐために、左手を前に出して胸を張って構えるようにしましょう。

ブログランキング参加中

PageTop

オープンスタンスの魅力

プロの試合を見ていると、フォアハンドストロークはほとんどがオープンスタンスでさばいています。オープンスタンスは習得に時間を要しますが、身につけることが出来たら大きな武器となります。下にオープンスタンスの利点を記します。

速い試合展開に対応できる
強烈なスピンの効いた力強いボールが打てる


オープンスタンスの足の使い方を見てください。これは、スクエアスタンスと比べますと、最後の左足の踏み込みが無い形になっています。当然この分だけボールに対する準備が早くなります。スクエアですと、「後ろ足をボールの軌道上に入れて左足を踏み込んで・・・」というステップを踏まなければいけないところを、「後ろ足をボールの軌道上に入れて・・・」のこの段階で準備完了なのです。ものすごいスピードボールの応酬であるプロの試合でオープンスタンスばかりなのも頷けますよね。


肩のラインに注目いただきたいと思います。振りはじめはスクエア・オープンともに一緒ですね(ボールの進入角と同様)。しかし振り終わりを見てみると、肩のラインの位置が全然違うことに気づくと思います。スクエアは左足が前方にあるため、体は真正面を向いた状態以上は左へ回りません。回転量は90度です。しかし、オープンでは前方に左足がありません。ここぞとばかりに体を回せるわけです。肩のラインを見てみると、振り始めから比較して180度弱回転します。ここにパワーの違いが生まれます。このパワーはスピードというよりも、主に回転に還元されます。


なぜ回転量にパワーがいくのか

スイングの性質が違うからです。スクエアスタンスでのスイングは前方への楕円運動です。ボールを押し出す感覚で打ちます。これに対してオープンでは前への踏み込みが無いため、スイングが円運動になります。このスイングの性質の違いにより、オープンでは回転をかけやすくなるのです。

ブログランキング参加中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。